グレッグ・クリスティー氏が今年中に退社

iPhoneのUIをデザインし、2012年まで同社のソフトウェアデザインの統括責任者、それ以降はヒューマンインターフェイスデザインの統括責任者を務めていたグレッグ・クリスティー氏が今年いっぱいでAppleを退社することを同社のスポークスマンが明らかにしました。

クリスティー氏がAppleを離れることになった主な原因は「デザイン統括責任者のジョニー・アイブ氏ともめていたことにある」ということです。

事のいきさつは2012年にソフトウェアデザインの全指揮権がグレッグ氏からアイブ氏に移ったことにさかのぼります。

ソフトウェアデザインを任されたアイブ氏は、グレッグ氏率いるヒューマンインターフェイスデザインチームにiOS 7のUIデザインの全やり直しを命じました。

デザインの見直しを命じられたグレッグ氏は、UIデザインの方向性についてアイブ氏と衝突。

2人は全く違うデザインアイデアを持っており、それ以来2人の仲は険悪になったそうです。

この衝突が原因でグレッグ氏はAppleから身を引くことを決意、さらには、現在アイブ氏の下で働くグレッグ氏の元部下たちも、グレッグ氏と共にAppleを辞める可能性があるとのこと。

グレッグ氏はヒューマンインターフェイスだけではなくApp Storeのソフトウェアクリエイターも兼任。

もし、グレッグ氏が元部下を連れて退職することになれば、Appleのデザインチームには大きな衝撃がもたらされます。

グレッグ氏はiPhoneのUIをデザインし、18年に渡ってAppleに貢献してきた人物。グレッグ氏が考案した中でも有名なものの1つが、iPhoneのスライド式のアンロック画面です。アンロック画面を含む多くのUIデザインの著作権はグレッグ氏に属しております

ジョナサンアイブのせいで優秀な人材がいなくなりますね。

個人的には、伝統的なデザインを守るグレッグ・クリスティー氏よりも伝統的なデザインを消すジョナサンアイブみたいなデザイナーがAppleから辞めて欲しいですね。

iOSにはスキューモーフィズムが似合いますね

•ジョナサンアイブ氏

フラットデザイン

•グレッグ・クリスティー氏

スキューモーフィズム