旧バージョンのiTunesをダウンロード出来るサイト紹介

旧バージョンのiTunesをダウンロード出来るサイトを紹介します。

はじめに

新バージョンのiTunesは動作が重かったり、新しい仕様が気に入らなかったりと、iTunesの旧バージョンは特に需要があるようです。
 
そして、iTunes 11.1 ではCFWを使った復元でエラーが発生する問題も起こっており、旧バージョンのiTunesでしか成功する事が出来ません。
そこで、今回は旧バージョンのiTunesを簡単にダウンロードする事ができるサイトを紹介することにしました。

ダウンロード

ダウンロードはこちらのサイトから可能です。

こちらのサイトは全て英語ですが、日本語訳機能を使うといいでしょう。
推奨の環境はWindowsです。
Macの環境でも可能な場合はありますが、Windowsと違ってMacの新しいバージョンでは旧バージョンのiTunesを動作する事が出来なかったりするからです。
その為、Macの場合は出来る限り古いバージョンで使用するか、BootCanp等でWindowsの環境を整えて下さい。 

ダウングレードする方法

新バージョンのiTunesを使用していた場合、その関連ファイルを全てアンインストールする必要があります。
その為、ダウングレードの際、Windowsではコントロールパネルのプログラムと機能より、以下の物を全てアンインストールする必要があります。
  • iTunes
  • Apple Software Update
  • Bonjour
  • Apple Mobile Device Support
  • Apple Application Support (32-bit)
  • Apple Application Support (64-bit)
また、iTunesをダウングレード後、起動した際にファイル [iTunes Library.itl] は新しいバージョンの iTunes で作成されているため、読み込めません。というエラーが出ることがあります。
 

このファイルはユーザー名MusiciTunesに保存されています。

なので、iTunesフォルダ内にiTunes Library.itlが残っている場合、そのファイル名を変えることによって回避出来ます。

また、一時的にiTunesをダウングレードした場合はiTunesフォルダの名前を変更して回避という2つの方法があります。