スポンサー1

デバイス内にあるアプリをクラック版のIPAを作る方法

シェアする

スポンサー2
デバイス内にあるアプリをクラック版IPAを作る方法を紹介します。
こちらで紹介する方法は自己責任で行って下さい。
クラック版にする事によってどのデバイスでもAppleIDの認証を回避する事ができます。
この方法をするには

•MobileTerminal

•zip

•clutch
(リポジトリ:http://repo.insanelyi.com/)
の3つの脱獄アプリが必要です。


Cydiaからインストール必要があります。

インストール後はMobileTerminalで行います。

1.『login』を入力してEnterを押してください。
2.『root』を入力してEnterを押してください。
3.rootのパスワードを入力してEnterを押してください。(rootのパスワードを変更してない方は『alpine』です。)
4.『clutch』を入力してEnterを押してください。
5.『clutch アプリ名』を入力してEnterを押してください。
そしたらターミナルがアプリをクラック版にしてipaにする作業を行います。
このようなのが表示されましたら成功です。

説明動画です。
例としてTwitterのクラック版IPAを作りました。
アプリのクラック版IPAは【var/mobile/Document/Cracked】に保存されます。
このIPAはAppSync(リポジトリ:http://repo.hackyouriphone.org/)をインストールすることによってIPA InstallerやiFunbox等でインストールする事ができます。

未脱獄デバイスに関してはPP-PCというソフト経由でインストールする事が可能です。



また、iTunesではクラック版のアプリのIPAはバックアップされません。

なので復元や初期化時のバックアップから復元でクラック版のアプリはインストールされないので手動でインストールする必要があります。

また、このような表示が出た場合はアプリを開いてAppleIDとパスワードでログインし、認証を行ってください。
認証済みではないとクラック版のIPAは作れませんのでご注意ください。
こちらで紹介した内容は自己責任で行って下さい。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)