iPhone3GSをSHSHなしダウングレードをする方法

iPhone3GSをSHSHなしダウングレードをする方法を紹介します。

旧ブート、新ブート共通です。
しかし、新ブートの場合は不完全ダウングレードになります。
パソコンにiTunes11.0をインストールしてください。

パソコンにiTunesが入っている方はダウングレードが必要です。

sn0wbreezeというツールを使用します。



そして、sn0wbreezeを開いてください。

売ったり悪用しないでねというメッセージが出てくるのでOKを押します。
右下にある矢印を押してください。
IPSWを保存してる場合は左側のBrowse for an IPSWから選択し、無い方は右側のDownload iOS Firmwaresからダウンロードしてください。

IPSWを選択し、開くを押してください。
今回の場合はブートは関係なく、SHSHなしで完全、もしくは不完全ダウングレードが出来るOld-bootlomを選択してください。
右下にある矢印を押してください。
真ん中のExpert Modeを選択してください。
Generalにチェックを入れて、右下にある矢印を押してください。

    SpringBoard Modifications

    特に設定は必要はありません 。

    Enable Battery-Percentage
    バッテリーの%が表示出来ないデバイスでも表示出来る様になります。

    Hacktivation/Other Modifications

    Activate The iPhone [Hacktivate]
    SIMが無い方はチェックを入れることによってアクティベート回避します。

    ・Install SSH
    OpenSSHをインストールします。
    IPSW Options

    Root Partition Size
    脱獄アプリ等のRoot領域サイズを調整出来ます。

    そして、設定後は右下にある矢印を押してください。

    こちらから、Appleマークの代わりに表示させるBootLogoを設定できます。
    チェックを入れたままでも問題ありませんが、Appleマークで良い方はチェックを外してください。
    そして、右下にある矢印を押してください。
    Build IPSWにチェックを入れて、右下にある矢印を押してください。
    作成を開始したらNo Thanks. I’ll stick to the spinner.を選択してください。


    そして、CFWが出来上がるまで待ちます。


    このDone!が表示されましたら成功です。
    ディスクトップに今回作ったCFWが保存されています。
    その後、iREBというツールを使ってリカバリモードにしてください。
    ホームボタン電源ボタン
    10秒間同時に押し続けてください。

    電源ボタンのみ離し、ホームボタンはそのまま押し続けてください。

    リカバリモードに入ったと思います。
    そして、iTunesにより、復元を行います。
    Shiftを押しながら復元を押します。
    そして、今回作ったCFWを選択すると、復元が始まります。
    1600系や、25のエラーが出る場合はPwned DFUに入れていない場合があります。

    やり直してください。

    また、新ブートの方は、不完全ダウングレードなのでRedsn0wよりJust Bootが必要です。
    これから説明する方法は再起動後毎回行う必要があります。

    Redsn0wを開いて下さい。




    Extrasを選択し、Nextをクリックしてください。




    Select IPSWより、iOS3からiOS5の方はダウングレードしたバージョンのIPSWiOS6の方はiOS6.0のIPSWを選択してください。

    IPSWはsn0wbreeze等でダウンロード出来ます。


    その後、Just bootをクリックしてください。

    電源ボタンホームボタンを同時に押して電源を切って下さい。




    Nextをクリックしてください。 




    1.電源ボタンの長押しです。


    2.ホームボタン電源ボタン
    10秒間同時に押し続けてください。

    3.電源ボタンのみ離し、ホームボタンはそのまま押し続けてください。

    その後、デバイスは起動します。

    コメント

    1. 匿名1 より:

      こんばんは。iPhone3GS(New-Bootrom)にてiOS4.1からiOS3.1.3に不完全ダウングレードを試みている者です。手順の通り、sn0wbreezeでCFWを作成し、iREBでPwned DFUを行い、iTunes11でダウングレードをしているのですが、毎回「復元の準備中」と数分のまま、しばらくすると、1601エラーが出てしまいます。きちんとPwned DFUになっていることを確かめておりますのでPwned DFUで失敗したという可能性は低いと思われます。iPhoneの状態は画面に虹色のマス模様が並んでフリーズしており応答しません。
      どこが操作を誤っているのでしょうか?ご教授願います。
      環境:iPhone3G(New-Bootrom) iOS4.1

    2. 管理人 より:

      この記事を書く前に自分も新ブートのiPhone3GSでiOS3へのダウングレードを試したのですが、画面が虹のようになり、エラーになりました。
      原因を探しているのですが、分からない状態です。
      今もフリーズして起動しないのであれば、ホームボタンとスリープボタンを長押しし、強制的に電源を落とし、電源を付けてみてください。
      一部の方からは成功したという報告があるので、環境によって影響するかもしれません。

    3. 匿名1 より:

      早速のご返信ありがとうございました!一応MacとWindowsの両方の環境で行った上での失敗でしたので、iPhone3GS(New-Bootrom)でiOS3へのダウングレードに成功するのはレアケースだったのかもしれませんね。

    4. 管理人 より:

      そうですね
      また復元する時に試してみますが、iOS3を使いたいですね
      旧ブートであれば出来るかもしれませんが
      しかし、iOS3時代はSHSHが無い時代なので、出来るはずなのですが

    5. 匿名1 より:

      お久しぶりです。昨年、こちらの記事にコメントをした者です。
      あれから試行錯誤を行い、ついに復元に成功したのですが、不完全なダウングレードですので、redsn0wでJust Bootしようとしました。しかし、Select IPSWでiPhone3GS用のiOS3.1.3を選択しても ”That’s IPSW is not supported by this version of redsn0w” とエラーが返されてしまいます。
      他にJust Bootできるツールはございますでしょうか? ご教授願います。
      環境は昨年と変わらず、iPhone3GS(New-Bootrom) iOS4.1です。

    6. 管理人 より:

      Redsn0w以外にiBootyというツールがあります。
      Sn0wbreezeでカスタムファームウェアを作成する際にディスクトップにiBootyが保存されてたりするのですが、ありませんか?

    7. 匿名1 より:

      お返事が遅くなり大変申し訳ございません。いつもありがとうございます。
      iBootyについてですが、自動で生成されませんでしたので、インターネットよりダウンロードしてきました。しかし、iPhone3GSは起動せず、Soft DFUに切り替わった状態でそのまま止まってしまいました。
      iOS3.1.3の復元にはまだまだ時間がかかりそうです。また別の策を考えてやってみます。