スポンサー1

スティーブジョブズはジョナサンアイブを解雇しようとしていた

シェアする

スポンサー2

スティーブジョブズはジョナサンアイブを解雇しようとしていたということで紹介していきたいと思います。

リンク

http://www.macx.cn/forum.php?mod=viewthread&tid=2158464

“Become Jobs”の内容

“Become Jobs”の内容によると、スティーブ・ジョブズが初めてジョナサンアイブに出会ったときに彼を直接追放することを計画していました。

ジョナサンアイブは作家のBrent SchlenderとRick Tetzeliに次のように語りました。

「当時、スティーブ・ジョブズはスタジオにやって来て、私を解雇する準備ができていました。」

解雇の理由

スティーブジョブズがアイブを解雇しようとしたのは仕事上の理由ではなく、個人的な恨みでも無かったそうです。

スティーブ・ジョブズが、以前はAppleとNeXTで働いていたFrog Designの創設者であるHartmut Esslingerと話し始めたのはその頃だけです。

Fast Cpmpanyは、EsslingerがオリジナルのMacのデザイナーであると指摘しましたが、そうではなく、オリジナルのMacデザイナーはJerry Mancockです。

Esslingerは、1980年代にAppleの “白雪姫”デザイン言語を開発したもので、Apple IIcコンピュータに初めて登場しました。

スティーブ・ジョブズがAppleを離れてNeXTを作成したとき、EsslingerはNeXTに参加してブラックキューブコンピュータ用の設計言語を作成しました。

スティーブ・ジョブズがAppleに戻った後、元NeXTの同僚に会社に加わってほしいと思い始めました。

解雇の検討をするのは当たり前

このため、スティーブ・ジョブズがジョナサンアイブの追放を検討するのは普通のことです。

スティーブ・ジョブズがAppleを去った1992年、ジョナサンアイブはAppleに入社しました。

しかし、スティーブジョブズにとってジョナサンアイブは自分がいなかった時代の低迷したAppleにいたデザイナーという存在でした。

さらに、スティーブ・ジョブズは、IBM ThinkPadの設計者であるRichard Sapperにジョナサンアイブのデザインスタジオを渡すことも検討しました。

しかし、Sapperは拒否し、その理由として小さな会社で働きたくなかったからです。

もちろん、結局のところ、誰もがジョナサンアイブがAppleにとどまっているだけでなく、スティーブ・ジョブズとも非常に密接な関係にあることを知っています。

現在では

スティーブジョブズが亡くなって現在のティム・クックがCEOの状態ででジョナサンアイブは優れたデザイナーとして発揮しているのか疑問です。

今のところはiPhoneは順調に売れているので問題はないと思います。

しかしデザインで成功しているものを作っているかというと疑問です。

例えば、現在最新のiPhone、iPhone 6やiPhone 6 Plusの突出したカメラ、Dラインと呼ばれるアンテナ線が背面に存在し、個人的には酷いデザインだと思います。

スティーブ・ジョブズの遺作と言われているiPhone 5から後に登場した製品のデザインはかなり質が落ちていると思っております。

そして、iOS7やMacOS X Yosemite劇的に変わったソフトウェアのデザイン、スキュモーフィズムからフラットデザインへの大幅な変更に関しても納得していません。

スティーブジョブズ時代に作られたハードウェアやソフトウェアは個人的な意見ですが、とっても素晴らしかったと思っています。

このことから、ジョナサンアイブはスティーブ・ジョブズという天才がいたからこそ、ヒット製品をデザインすることができたんだと思っております。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)