スポンサー1

スティーブジョブズとは

シェアする

スポンサー2
 
スティーブジョブズはApple社の元会長、創業者、 元CEOです。
 
1955年2月24日にアメリカのカリフォルニア州で生まれ、2011年10月5日に膵臓腫瘍の転移による呼吸停止により親族に見守れながらパロアルトの自宅で死去しました。
 
死去した前日には2011年10月4日の午前中にiPhone 4Sの正式発表が行われて、開発に携われた最後のデバイスの発表を見届けられました。
 
スティーブジョブズは、iPhoneで携帯電話を変え、iPadでコンピュータのあり方を変えました。
 
そのiPhoneやiPadのオペレーティングシステムに使われてたスキュモーフィズムデザインは、NeXTコンピュータに在籍するなど、スティーブジョブズとかなり近い関係にあり、スティーブ ジョブズが好んでいたという事で、スコットフォーストールもずいぶん推進していたデザインです。
 
もし、スティーブジョブズが生きていれば、テレビや車のあり方を変えていいたと公認伝記の内容から、容易に想像できるのではないでしょうか?
 
今現在のiPhoneの状況を見ると、AndroidやSamsungに追い上げられ、Appleは行き詰まりつつあるようです。
 
Apple製品を使い続けているユーザーは、スティーブジョブズいたならば、きっとあっ!と言わせてくれるようなOSや製品をリリースしてくれたはずです。
 
残念ながら、今のAppleには、スティーブジョブズのようなカリスマ性があるリーダーがいなくなりました。
 
スティーブジョブズがかなり可愛がっていたiOS担当のスコットフォーストールはAppleから解雇され、ジョナサンアイブにデザインの権限を奪われました。
 
 
他にも、スティーブジョブズがApple社にいたならば、ここ1~2年で、時計やテレビを変えてくれたはずです。
 
今のAppleは、スティーブジョブズの時代のように素晴らしい製品を発明し、この世に出してくれるのでしょうか?
 

 
そして、スティーブジョブズがこだわっていたスキュモーフィズムデザインからフラットデザインに変更されたiOS7がリリースされて2年になりますが、個人的には伝統を守るのも大切じゃないのかな?と今でも思っています。
 
昔のやり方をずっと続けるのはもちろん不可能でありますし、何か新しい事を始めていかないと会社は成長しないというのは分かります。
しかし、自分の周りはスティーブやスコット、iOS6支持派や脱獄ユーザーが多いのですが、2014年9月に発売となったiPhone6やiPhone6plusは大きさが2つ選べるようになったんだから、Winterboard、LINEやカカオトークの着せ替えみたいにデザインを選択させて欲しいという意見もありました。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)