クレイグフェデリギとは

クレイグフェデリギとは、Apple社のソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長です。
カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピュータサイエンスにおけるB.S.やコンピュータサイエンスにおいてM.Sc.を取得しています。
NeXT社ではEnterprise Objects Frameworkの開発を担当して、1997年にNeXT社が買収されたことによりApple社に入社しました。
1999年にApple社を離れてWebObjectsを中心技術として利用していたAribaに転職しました。
しかし2009年にApple社に復帰し、2011年3月23日、Appleを離れたバートランドサーレイの後任としてMac OS X開発責任者となりました。

2012年8月27日、Appleにより上級副社長への昇格が発表され、それに続いて2012年10月29日、スコットフォーストールiOS担当上級副社長の退任に伴い、OS XだけでなくiOSの開発担当もする事になりました。