Appleのプログラミング言語、Swiftとは

Appleのプログラミング言語、Swiftとは何か?という事で紹介していきます。

Swiftは、AppleのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語です。
WWDC2014で発表され、Apple製のOS上で動作するアプリケーションの開発に従来から用いられていたObjective-CやObjective-C++、C言語と共存することが意図されています。
Swiftの特徴
モダン
クロージャやタプル、ジェネリックプログラミング、Optional型の採用などが挙げられています。
安全
静的な型チェック、変数の初期化の強制、数値型のオーバーフローの検査、自動参照カウントによるメモリ管理などが挙げられています。
また、if文のブレースの省略禁止、switch-case文は明示的に指定されない限りフォールスルーしないなど、既存のプログラミング言語において記述ミスによるバグが発生しやすかった部分を文法的に解決している。
インタラクティブ
Swiftはコンパイラ言語でありながら、インタプリタとしてスクリプトを実行することも可能で、対話実行環境も用意されています。
Swiftと同時に発表されたXcodeバージョン6では、コードの実行結果をグラフィカルに確認しながら開発できるPlaygroundsが実装された。