スコットフォーストールはSnapchatのアドバイザーになっていた

スコットフォーストールはSnapchatのアドバイザーになっていたということで紹介していきたいと思います。

スコットフォーストール

Appleの元iOS担当上級副社長であり、iOSにスキュモーフィズムデザインをスティーブ・ジョブズの指示の元、積極的に採用していたiOSの生みの親と言われてる人です。

2012年の10月にAppleから離れると発表があり、今年で3年目となりますが、今回は本当に久しぶりにスコットフォーストールの情報が入りました!

Snapchatのアドバイザー

Sony PicturesのCEO、Michael LyntonはSnapchatの役員です。

そのため、The Interviewのリリースに抗議するハッカーによってメールが盗まれたとき、Snapchatの機密情報が明らかになりました。

WikiLeaksは最近、これらのメールへのアクセスを容易にしました。

同社とスコットフォーストールとの関係について尋ねられたとき、Snapchatは接続を否定せず、単に「多くのアドバイザーがいますが、会社との関係の詳細についてはコメントしていません」と答えました。

スコットフォーストールは2014年1月にSnapchatのアドバイザーになったということです。

スコットフォーストールは、AppleのiOS部門の責任者を務めていた為、スコットフォーストールはアドバイザーでいるだけで、0.11%の完全希薄化後株式購入オプションを行使期間24ヵ月で与えられていたそうです。

Appleを追放

スコットフォーストールはスティーブジョブズが亡くなった後、他のApple幹部との関係が悪くなり、iOS6のマップ問題でAppleを去るという可哀想な最後でした。

なので個人的にはスコットフォーストールにはもう一度頑張ってもらい、スキュモーフィズムデザインをこの世の中に広めて欲しいです。

また、スコットフォーストールに関してはいろいろな噂があり、いつかは新しい会社を立ち上げて、いつかはスティーブジョブズみたいにAppleに復帰するなど様々な噂があります。

なので、今後どうなるのか楽しみですね。

sauce:https://techcrunch.com/2015/04/16/scottchat/