スポンサー1

iOS8で新たな脆弱性が発見された

シェアする

スポンサー2

iOS8で新たな脆弱性が発見されたということで紹介していきます。

今回発見された脆弱性は、SSL証明書の解析が原因で、細工したSSL証明書を使うと意図的にアプリをクラッシュさせることができるようです。
SSL証明はApp Storeにあるアプリのほとんどに採用されているため、影響が広いようです。



また、この脆弱性によってiOS自体もクラッシュすることもあるようです。 

特定の状況下ではデバイスがリンゴループする様です。



iOS8のデバイスをiOS8.3にする事によって、一部解消する様です。

iOS8で脱獄しているデバイス、ユーザーは要注意ですね。
まだiOS8.1.3以降の脱獄ツールはリリースしていないので、脱獄ユーザーの多くはアップデートしてないと思います。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)