スポンサー1

Apple Watchの問題点

シェアする

スポンサー2

Apple Watchの問題点をいくつか紹介していきたいと思います。

1、Apple Watchは心拍数を測定するとき、LEDによって緑色の光を発して血液の赤は緑を反射しつつ吸収する動きで、A心拍を測定します。
 
なので、タトゥーを入れていると、その色の濃さによって心拍数の測定が正確に出せません。
 
2、Apple WatchのバッテリーはAppleの発表によると持続時間は18時間です。
使い方によって持続時間は変わる為、使用方法も注意しないといけないです。
なのでiPhoneやiPad、iPod touchと同様に、モバイルバッテリーを持ち歩いたり、毎日充電をする習慣をつけないといけません。
3、Apple Watchのバンドに含まれる材質にアレルギーを持つユーザが居るようで、皮膚に異常が発生していると報告が上がっているようです。
 
なので、Appleよりアレルギーを持ってる方はApple Watchの使用を控えるように呼びかけています。
 
今回はこの3つを上げましたが、まだまだ課題はある様です。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)