炎上とは

炎上とは

炎上とは、ブログやTwitter、SNSなどに批判的なコメントや避難の書き込みなどが殺到する状態の事をいいます。

たとえ善意からだとしても軽はずみな発言感情的な発言は炎上の原因となり、犯罪的な行為の自慢や反道徳的な発言なども炎上になる原因となります。
ブログやTwitterなどのSNSなどで基本的には文字だけの会話となり、相手の表情声のトーンの確認が出来なく、細かいニュアンスがわかりにくく、思いのよらないような思い違いや誤解が生まれやすいです。
それに、人はそれぞれの考えや感じ方が異なり、その為にたとえ事実明白であってもそれを書き込む事によって人を傷つけたりしてしまい、炎上に繋がります。
また、一番に注意しないとけないのは、意味のない発言を繰り返しすることで、ブログやTwitterなどのSNSで、利用者のやりとりを阻害し、炎上させようとする荒らしという行為者がいます。

炎上を対策する

この炎上を対策するには次の4つを上げます。
1つ目はつねに冷静な対応を心がけ、顔の見えないもの同士のやりとりだからこそ、書き込む際には常に相手の事を考え、感情的にならない事が大切です。
2つ目は出来るだけ誤解を生まない表現を正確かつ相手に不快感を与えないようにし、細かなニュアンスに関しては絵文字やスタンプなどを使うなど工夫が必要てす。
3つ目はトラブルや炎上に繋がるような書き込みをしないように心がけ、相手への誹謗中傷はもとより、たとえ事実であっても書き込む事でトラブルや炎上を招く可能性があるのなら、書き込みはしないなど、思いやりやマナーが大切だと思います。
4つ目は感情的、軽率なコメント、すぐに人を疑うことを避け、悪口はもちろん、相手の事を考えない軽率なコメント、受け狙いや乱暴な発言などトラブルを瞬く間に広がらないようにすることに心がけの事も必要です。

炎上を引き起こしやすい言葉

きもいうざいばかしねあほ低脳消えろくず、など人を不快感にさせるような言葉

炎上を引き起こしやすい発言

・犯罪的な行為や反道徳的な行為の告白、自慢
・無礼な発言や他人を目下した発言
・宗教や政治など、意見が対立しやすい話題への過激な発言

『心の持ち方』

1.はらを立てるよりゆるす方がよい
2.にくむより愛する方がよい
3.不平を言うより感謝する方がよい
4.ぐちを言うより喜ぶ方がよい
5.りきむよりまかせる方がよい
6.いばっているより謙虚な方がよい
7.うそをつくより正直な方がよい
8.けんかするより仲良くする方がよい

まとめ

今回は何故情報モラル、炎上について投稿したかというと今現在はインターネットやスマートフォンが普及し、小学生から使うような時代となり、インターネット上のトラブルが増えてきているからです。
なので、定期的に情報モラル関連の記事を投稿していきたいと思います。