スポンサー1

脱獄用語【カスタムファームウェア】

シェアする

スポンサー2

カスタムファームウェアとは、非公式に改造されたファームウェアの事をいいます。

iOSのipswのカスタムファームウェアを作ることが出来るツールは、主にSn0wbreezeiFaithです。
 
今現在カスタムファームウェアを作れるデバイスは、iPhone初代、iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPod touch初代、iPod touch第2世代、iPod touch第3世代、iPod touch第4世代、iPad初代です。
 
カスタムファームウェアで何が出来るのかというと、iOSデバイスを脱獄させたり、iOSバージョンをダウングレード、そしてベースバンドを維持しつつ復元をする事が出来ます。
 
それらはデバイスにある脆弱性、BootROM Exploit等を使って実現しています。
 
カスタムファームウェアで復元をする際にはiTunes11.0以下であり、iOSデバイスはiREBというツールを使用してDFUモードにしておく必要があります。
 
iFaithで作成したカスタムファームウェア
で復元
Sn0wbreezeで作成したカスタムファームウェアで復元
今現在はA5デバイス以上、iPhone4s以降、iPod touch第5世代、iPad2以降のデバイスのカスタムファームウェアは作成出来ませんが、iH8sn0wというハッカーが32bit機限定の脆弱性を発見しており、カスタムファームウェアを作成する事が可能という報告はされています。
 
ただし、ダウングレードの場合はSHSHが必要で、カスタムファームウェアにSHSHを組み込む感じになっており、A4デバイスの様に不完全ダウングレードが出来るかは不明です。
 
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)