PanguがMOSECを開催しました

中国にて、6月5日にPanguがMOSECを開催しました。

スポンサーは次の9社となります。
360安全中心脱獄アプリを開発しているということで有名な会社で、Windowsを開発しているMicrosoft社もスポンサーとして参加しているようです。

スケジュール

08:00 – 09:00
オンサイト登録
09:00 – 09:10
ようこそスピーク
09:10-10:00
AndroidでTrustzoneを利用すること
ダイ・シェン

  1. 10:00-10:50

    Pwningが、影から光まで、Windows Phoneです

    ニコラス・ジョリー

    10:50-11:10

    ブレーク

    11:10-12:00

    1つの功績で1000万台の電話を根づかせる方法

    Jiahong牙

    12:00-13:30

    昼食

    13:30-14:20

    マイクロソフトの虫恩恵プログラム:
    舞台裏のデータ

    ジェイソン横着者

    14:20-15:10

    タマネギの皮をむいてください

    Shuaiチャオ/Yongkuiリウ

    15:10-16:30

    ブレーク

    15:30-16:20

    検知チャンネルを組み込みシステムのために利用すること

    SysSec研究室(KAIST)

    16:20-17:10

    Design、ImplementationとiOSの信用のChain ModelのBypass

    Panguチーム

    17:10-17:30

    終了

開催中の内部の様子についましては、中国の現地のメディアが公開しています。
今回のイベントでiOS8.1.3、iOS8.2、iOS8.3の脱獄ツールはリリースしませんでしたが、WWDC2015開催後のiOS8.4正式リリース後に脱獄ツールがリリースすると思われています。
また、PanguチームはiOS 8.3の脱獄は開発済みということで、 PanguチームよりMOSECでデモがあったということで、期待できそうですね。