デバイス単体でiOSのシステムファイルの修復と全ての設定とコンテンツの削除をする事が出来る脱獄アプリ

デバイス単体でiOSのシステムファイルの修復と全ての設定とコンテンツの削除をする事が出来る脱獄アプリを紹介します。

Cydia Impactorです。
→Cydia Eraserに変更されました。
 
Cydiaからインストールしてください。
 

 

インストール後はホームのEraserアプリを開いてください。

 

 

アプリを開いたらdelete all data and unjailbreak deviceボタンを押してください。

その後、ダイアログが表示されますので、Delete Allを押してください。

 

その後作業が開始され、再起動後は初期化されます。

Cydia Eraserの説明

Cydia Eraserは、 iOSの新しいバージョンにアップデートすることなく 、デバイスに加えられたすべての変更を削除して元に戻すという機能しかないツールです。

また、脱獄環境で初期化をするツールといえば、iOS 4からiOS 6までの互換性を持つiLEX RATというツールと、2013年後にリリースされたiLEX RATのようなデスクトップツールであるSemi-Restoteを思い出させます。

しかし、このCydia Eraserは異なります。

ツールの作業が終了すると、破損した/紛失したファイルが修復されデバイスはもはや脱獄環境ではなくなります。

Cydia Eraserの機能

Cydia Eraserは、Appleが提供するファームウェアアーカイブを使用して、OTAアップデート機能を使用します。

これらのファイルは2GBほどの容量なので、Eraserはダウンロードする必要のあるデータ量を最小限に抑えます。

最初に、アップデートの「部品表」がデバイス上のファイルと比較され、変更のリストが生成されます。

その後、変更された、または破棄されたデバイス上のすべてのファイルは、Appleから直接ダウンロードされます。

注意深く計算された一連のファイル移行では、すべての新しいファイルがユーザーパーティションに移動され、すべてのシステムデータがシステムパーティションに戻されます。

また、Eraserがクラッシュしたりデバイスが再起動した場合、後でいつでも再実行することができます。

最後に、ファイルシステムの段階的な変更はすべて「コミット」され、すべてのユーザーデータが削除され、iOSには「すべてのコンテンツと設定をリセット」が実行されます。

デバイスを再起動すると、最初に電源を入れたときと同じように表示されます。

それはもはや 脱獄環境ではなくなります。

再び脱獄したい場合、脱獄ツールを使用する必要があります。