マスクアタックとは

マスクアタックとは、セキュリティ会社のFireEyeが2014年11月10日にiOSの脆弱性として指摘したものです。


このバグは、偽装したメールやリンクでユーザーに悪意のあるアプリをインストールさせて、デバイスにアクセスすることを可能にします。
それによって、IDやパスワード、個人情報を盗み取る事が可能ということです。
これは、iOSに存在するバグで、ハッカーからサイバー攻撃を受けやすい状態になっています。

こうした悪意のあるアプリはApp Storeのアプリとは違い、Appleの審査を受けていないアプリです。

なので、インストール前にポップアップ通知は表示されるため、その時点でインストールをしなければ、問題はありません。

しかし、Appleによるとこれは脆弱性でもなく、被害報告も確認していないそうです。