メモリの使用量を減らして少しでも動作改善をする方法

メモリの使用量を減らして少しでも動作改善をする方法を紹介します。

iOS7からスキュモーフィズムデザインからフラットデザインに変更され、それと共に動作が重くなりました。
原因
1つ目はアニメーションです。
ロック解除時、マルチタスク、アプリを開く時、アプリを閉じる時、フォルダを開く時、フォルダを閉じる時、Siri起動時などです。
スペック的には問題がないデバイスに関しても、アニメーションによって重く感じることがあります。
2つ目はデザインです。
スキュモーフィズムデザイン時代とは違って、フラットデザインはほとんど画像を使わないデザインになっています。

バナーや通知センター、コントロールセンター、Siri、通話画面などのぼやかしのデザインは無駄にメモリを使用しています。
3つ目はバックグラウンド動作です。
iOS6までとは違い、iOS7からはバックグラウンド動作が色々なことができるようになるので、重くなっている原因になっているのかもしれません。
今回は大まかにこの3つを上げたのですが、iOSの標準搭載機能でそれを抑えることが出来ます。
対策
1つ目のアニメーションは
設定アプリ/一般/アクティビティー/視差効果を減らす
をオンにする事によって抑える事が出来ます。

2つ目のデザインは
設定アプリ/一般/アクティビティー/コントラストを上げる/透明度を下げる
をオンにする事によってぼやかしを減らします。

3つ目のバックグラウンド動作は
設定アプリ/一般/Appのバックグラウンド更新
の必要のないアプリをオフにする事によって、メモリやバッテリーを節約する事が出来ます。

脱獄していて、WinterboardでiOS6に再現しているので少し重くなっているのですが、自分の環境ではこの3つをする事によって、改善されました。

少しでも重いなと思っている方は是非やってみてください。