iOS7/iOS8の仮想メモリの作り方

iOS7/iOS8の仮想メモリの作り方を紹介します。
iFileなどのファイルマネージャーで
/var/vmswapfile0というファイルを作ってください。
所属を普通のファイルにしてください。
次の作業は、デバイスをリスプリング再起動をした場合は毎回行う必要があります。
iOS Terminalで以下のコマンドを打ってください。
1GBの仮想メモリを作りたい場合
dynamic_pager -S 1100000000
2GBの仮想メモリを作りたい場合
dynamic_pager -S 2200000000

この様になれば成功です。
/var/vmに作ったswapfile0のデータ量も増えています。

仮想メモリを無効にする場合は、リスプリングや再起動をして、swapfile0を削除するだけです。