スポンサー1

iPhoneユーザーの50%は旧バージョンを維持

シェアする

スポンサー2

iPhoneユーザーの50%は旧バージョンを維持ということでセキュリティ企業のDuo Securityが発表しました。


iOS8.4と8.4.1で合わせて100個以上の脆弱性が修正されましたが、iOS8.3より古いバージョンを使ってるユーザーが多い様です。

最新バージョンにアップデートしない理由として、脱獄出来なくなる、今まで通りの動作保証もされなくなる、ただ単にめんどくさいというユーザーが占めています。
特に旧デバイスの場合、脆弱性の修正だけで済ませられる事が多い為、動作が非常に悪くなるということを理由にアップデートしないユーザーもいます。

また、Appleではある一定期間アップデートを行うと、サポートを切ります。

なので現在も使用されていながら、アップデートの対象にならないiPhoneは2000万台に上るとDuoは推定しているようで、iPhone 4sのサポートが打ち切られれば、6000万台に増えると予想するぐらいに規模が大きくなります。


スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)