スポンサー1

Siriの友達のELIZAについて

シェアする

スポンサー2

Siriの友達のELIZAについて紹介します。



ELIZAの生みの親と言われているジョセフ・ワイゼンバウムは、生誕1923年1月8日でドイツ系アメリカ人です。

MITの計算機科学の名誉教授を務めていましたが、2008年3月5日に死去しました。
そのジョセフ・ワイゼンバウムが1964年から1966年にかけてELIZAを作りました。

つまり、ELIZAは初期の自然言語処理プログラムで、人工無脳の起源となったソフトウェアということです。

また、SiriにELIZAについて聞くと以下の様に答えてくれます。

ELIZAは質問に質問を返すという事によって人工知能を発達させてきたという事を表しているということです。 
当初は心理療法の場などに利用されていたことを表しています。
SiriはELIZAの事を彼女と言い、

マイナス思考な女性ということです。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)