iPhone4sやiPad2をiOS6.1.3にダウングレードするGUIのWindowsツールTelemachus

iPhone4sやiPad2をiOS6.1.3にダウングレードするGUIのWindowsツールTelemachusを紹介します。 
現在も発行し続けているiOS6.1.3のOTASHSHを使用したダウングレード方法です。
iPhone4s、iPad2向けにiOS6.1.3のOTA用SHSHを利用したodysseusOTAというダウングレードが公開で紹介した仕組みと同じで、それをWindowsでGUIにて実行可能にしたツールです。

対象デバイス
  • iPhone4s
  • iPad2,1(WiFi)
  • iPad2,2(GSM)
  • iPad2,3(CDMA)
ダウングレード条件
  • 脱獄済みのデバイスであること
  • iOS6.1.3のOTASHSHが発行しているデバイスであること
ダウンロードファイル

必須

iTunes(必須)
Telemachusの作者の推進バージョンは12.0.1です。
カスタムファームウェア
ダウングレード方法
1.Win32OpenSSLをパソコンにインストールしてください。
2.ダウングレードしたい脱獄済みのiPhone4sやiPad2に、CydiaからOpenSSHをインストールしてください。
3.rootのパスワードをデフォルトのalpineである事を確認してください。
変更している場合はPanguアプリ、もしくはterminalよりパスワードをalpineにしてください。
4.Telemachusを起動します。

5.ダウングレードするデバイス(iPhone4siPad2)とPwned restoreを選択してください。
6.Selectよりダウンロードしたカスタムファームウェアを選択してください。
7.IP Adressより、接続しているWi-FiのIPアドレスを入力してください。
この画面のiボタンより確認することが出来ます。
8.Startボタンを押して、iOS6の初期画面が表示されたら成功です。
注意点
環境によってツールが動作しないという事例が発生しています。
その場合、使用するコンピューターやWi-Fiを変えてから実行してください。