自分の意見を言う事の大切さ

自分の意見を言う事の大切さという事で毎度お馴染みtatsuhiro042さんが動画を投稿しています。

簡単に動画の内容を紹介していますが、実際に再生されてご覧ください。


見てるだけ、コメントをするだけ、批判をするだけなら非常に簡単です。
誰にだって出来る。
こいつはここが駄目だとか、何をやっているんだこいつ?とか思えば、その事についてガンガン言えば、それだけで攻撃できます。
アンチユーザーが付いてしまうかもしれない、批判コメントが来るかもしれない。
これは本当に恐れてはいけない。
もう、本当に誰でも出来るようなコメントしか出来なくなる。
じゃないと誰もついてきてくれない。
あえて批判されるような事でも、自分の意見を発する事で、周りの方からの意見が聞けるわけです。
人を傷つける以外の要因であれば必要だと思います。
アンチと批判コメントには気にしてはいけない。
酷くなれば警察や法務省に連絡すればいい。
発言の自由は、出来ます。


批判コメントは内容の無いただの暴言で、頭悪いなと思うものがほとんど。

そしてチャンネル登録数、動画の本数も0という自分で動画も作ったこともなければ、自分で問題定義もしたことのない人ばかり。

そうゆう人間が一回一回反論してくるけど、結局は何も説得力ない。

日本はペーパードライバーみたいな人ばっかりなのです。
自分で動画を作ったり、自分で公な場で自分の意見を言うことが出来ないのでしょう。

コメントという特定で誰か分からないようなところでしか言葉が言えない。


外国人の人が日本のYouTubeチャンネルは面白くないと言っていた。
みんななんで、当たり障りもない話題しかやれないんだ?
自己主張は出来ないのか?
なんで、おかしいと思った事をおかしいと言えないのか?と言われた。
自分の意見を言えないというのはどうゆう事だろう。
言えば叩く、盛大に叩きだがる。
それって、弱いって事。
人が言うことに対してはそんなに言えることは出来るのに、自分が言うことが出来ない。
一番、やり方としては卑怯なのです。
あたかの自分が正論の様に言うのです。
それも、自分に味方についてくる人だけに。
でも、自分の味方についてくれるひとに対しては、何を言っても支持されます。
何を言っても受け入れられるでしょう。
自己主張するという事は、悪になっているというのは信じ難い。
右もいれば左もいる。
例えば、右が大多数だったとしても左も頑張る。
少数派の左も一生懸命抵抗する。
それも、誰かを傷つけるのではなく、自分の意見を持って抵抗するのです。
というわけで、自分の意見を言う事の大切さを語っているtatsuhiro042さんなのですが、自分が言わないで誰が言うの?という事になりますよね。
人間ですから、1人1人考え方、思っていることが違うというのは当たり前なのです。
それをね、自分の考えとは違うからといって誹謗中傷であったり、迷惑行為をするというのがおかしいのです。
日本全国に目を向けてみましょう。
日本全国からランダムに人を100人選んでみるとして、100人考えている事は同じですか?
それはあり得ないことになりますよね。
自分と同じ意見を持ってる人を集めたのであれば、100人全員同じ意見を持っていると思います。
しかし、全てを受け入れたという人もいれば、一部受け入れないといった人も出てくるでしょう。
それは、人間だからこそ当たり前なのです。
次は、現実世界に目を向けてみましょう。
小学校、中学校、高校、親友と言える友達がいて、ある日、考えていることが食い違う部分が出てきたとします。
そんな時、そんな親友に誹謗中傷、嫌がらせをしますか?
普通であれば、絶対にしないと思います。
それと同じで、インターネットという世界もそうするべきなのです。
たとえ、親友でもない、知らない人であっても、相手も人間ですから、それなりに気を配った対応が必要です。
次に、アレクサンダーケペンドさんの動画です。


皆さんに怒りの声を届けたいと思います。

動画を上げるたびに障害者呼ばわりされ、日本人のレベルはその程度なのでしょうか?

何か都合が悪くなれば死ねのあらし、そんな日本人を見ると酷く落胆します。

そういった人ほど、自分の事を明かさない、影でボソボソとくだらないことを続けている。

日本人は特にインターネット上にて豹変しやすい民族だと考えている。

みんな普段は思い切った事も言わず、静かにしている割にはインターネットで自分の顔が見えなくなくなった時に強気になります。

自分がバレないからといって、都合のいい批難をするのは大間違い!!

それはいつか自分の身に返ってくるでしょう。

普段人前で言えないからといって、八つ当たりをするのはやめましょう、恥ずかしい話だと思ってください。

いつから日本人の魂を忘れた?

もっと思いやりがあるはずです。

思い出してください。


ということで、動画内でアレクサンダーケペンドとして日本に来て良かったと思います。

と語っていたのですが、アレクサンダーケペンドさんが認める様な日本になって欲しいですよね。
自分の行動1つ1つ責任を持って、思いやりの心で豊かな人間関係を築きましょう。