注意欠如多動性障害(ADHD)について

注意欠如多動性障害(ADHD)について説明します。

主な特徴
  • ミスや不注意が多い
  • 発想力が豊か
  • 集中力がない
  • 人間関係を築くのが難しい
  • 自己主張が強い
  • 過度におしゃべりをする
  • 自分の衝動を抑えることが難しい
  • 興味があることなら長続きする

スティーブジョブズ

アメリカのAppleの創業者、スティーブジョブズもADHDの疑いがあります。
その理由として、次の通りです。
コンセントにヘアピンをさして火傷したり、殺虫剤を味見した。

学校では教室にヘビを放ち、爆発を起こしたりして、友達も少なかった。

また、スティーブはものすごい短期で、細かいたくさんのこだわりが強かった。
自分が納得しないと、何もかも受け入れられない性格でもあった。

そして次々に新しいアイデアが浮かんで、その強いこだわりがMacやiPhone、iPod、iPadという画期的な発明をした。

この様に人と違った行動や発想、幅広い興味関心など、これらの全てがADHDの症状に似ているということです。
トーマスエジソン
いろいろな疑問を持ち、読み書きと、算数しか教えない学校の授業にまったく興味がなく、勉強は全くできなかった。

そして、火が燃えてるところを見たいという理由で家の納屋を全焼させたり、小麦の倉庫の中が気になって、高い場所にある窓から転落しました。

ある日、科学に興味を持ち始め、子供の頃からいろいろな実験をしていた。
それがきっかけで、電球や蓄音機など、1000を越える発明や特許を取った発明王になりました。

この様に、スティーブジョブズと同様に、想像を超える行動力や発想力、幅広い興味関心があり、ADHDの症状が見られます。


tatsuhiro042


次々に面白い、勉強になる、分かりやすい、納得する、説得力のある動画を投稿しているYouTuberのたつひろさんもADHDと診断された様です。

まとめ

ADHDの疑い、診断された有名人は数多く存在しており、今回は代表的な3人を紹介しました。
スティーブジョブズとトーマスエジソンはADHDとは別に、アスペルガー症候群とも噂されており、確実なものは分かりません。
障害というのは何も恥ずかしいことでもありませんし、これは生まれ持った個性です。
また、日本一の大学と言われている東京大学の学生4人に1人は、発達障害と言われています。
その個性を最大限に生かした結果が、今に繋がってると思います。
もし、自分に何かの障害の疑いがあるのであれば、一度検査をしてみてはどうでしょうか?
障害というのは、本当に何も恥ずかしいことでもありませんから、安心してください。