悪質な書き込みについて

インターネット、スマートフォンが普及した今日において、悪質な書き込みが問題になっています。

その悪質な書き込みについて、簡単にご説明します。
誹謗中傷
誹謗中傷という言葉に関して、よく目にするけど詳しい意味を知らないという方が多く居るようです。
誹謗中傷というのは、誹謗と中傷の2つの意味があります。
誹謗は他の人に対して悪口を言う事。
中傷は根拠の無い悪口を言って、他の人の名誉を傷つける事を言います。
もしそれに根拠がある場合、内部告発など、秘密悪事を公表することによってその人の名誉が傷つけられるのであれば、誹謗ではありますが中傷ではありません。
ただし、それが個人の事であり、社会全体に関係した事でなければ、公表したことが事実であっても名誉毀損という犯罪行為になります。
つまり名誉毀損罪は、嘘の話はもちろんですが、実話を公表しても成立します。
刑法第230条名誉毀損
然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
その他に誹謗中傷することによって、侮辱信用毀損などの罪で罰せられる可能性があります。 
刑法第231条侮辱罪
事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

刑法第233条信用毀損及び業務妨害
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

プライバシーの侵害
プライバシーということであれば、よくご存知の方は多いと思いますが、簡単に言えば個人の情報です。

住所や電話番号といった個人情報はもちろん、私生活に関してもプライバシーです。

Twitterなどで見かける事が多いのですが、その人の許可なしに住所や電話番号、学校名などを公表して嫌がらせをしている方がいるのですが、これはプライバシーの侵害です。

いかなる理由があっても、それは許される事ではありません。

インターネット上にある情報というのは2度と消える事はありません。

まとめ
この様に、これぐらいは良いだろうという軽い気持ちでインターネットに物事を投稿したりするというのは、実は犯罪行為に当てはまるという事があります。
過去にはスマイリーキクチ中傷被害事件というインターネットで1人の人間に対して誹謗中傷をした複数の加害者が、一斉摘発された日本で初めての事件がありました。

なんでもそうなのですが、インターネット上に投稿した人物は、IPアドレスを解析したりすることによって特定する事が出来ます。
今回の様に、法律を調べたことによって今まで知らなかったことをいくつも知る事が出来ました。
これからは今まで以上に気をつけていきたいと思います。
お願い
もし、法律等の解釈など間違っている場合はコメントなどでお知らせ下さい。
情報提供につきましてもお願いします。