iOSの不正改造は、セキュリティの脆弱化、不安定化、バッテリー駆動時間の低下などの問題を引き起こすおそれがある


Appleのホームページで、iOSを不正改造 (「ジェイルブレイク」「脱獄」とも呼ばれます) するとどういう問題が起きるのかについてご説明します。ということなのですが、間違ってはいないけれど説明不足な部分や、完全に間違ってると思った部分がありましたので、個人的に思った事を説明します。
✳︎太字部分がAppleのホームページで実際に説明されている文章です。
最終更新日は2015年2月7日です。

・セキュリティの脆弱化
デバイスをジェイルブレイクすると、個人情報や iOS デバイスを保護するために設計されたセキュリティレイヤーが取り除かれます。このセキュリティ機能が iOS デバイスから削除されると、ハッカーが個人情報を盗んだり、デバイスに損傷を与えたり、ネットワークに攻撃を仕掛けたり、マルウェアやスパイウェア、ウイルスを仕込んだり、ということがしやすくなります。

脱獄は、iOSに存在している脆弱性を利用して可能にしていまして、セキュリティレイヤーというのは、システムファイルにアクセス出来ないようにしているという事だと思います。
ハッカーが個人情報を盗んだり、攻撃を仕掛けたり、ウイルスを仕込んだりすることをしやすくなるというのは事実です。
しかし、App StoreやPlayストアで配信されているアプリと同様に、開発者を本当に信用出来るかを確認したり、不審なリポジトリから脱獄アプリをインストールしなければ、基本的には大丈夫です。

・不安定化
デバイスが頻繁に突然クラッシュしたり、内蔵 App や他社製 App がクラッシュ/フリーズしたり、データが失われたりします。
クラッシュしたりフリーズする原因として、Tweakのインストールし過ぎであったり、旧デバイスやメモリ不足という環境で起こりやすいです。
脱獄していない場合でも、内臓、他社製appはクラッシュやフリーズする事もあるので、データが書き換えられた度に保存するアプリであれば、データが失われる事は無いでしょう。

・バッテリー駆動時間の低下
ハッキングされたソフトウェアによりバッテリー低下が加速し、バッテリーの 1 回の充電によって iPhone/iPad/iPod touch を駆動できる時間が短くなります。

ハッキングされたソフトウェアというのは脱獄アプリの事だとは思いますが、iOSに機能を増やしたりするということは、メモリを使ったりバッテリーを使うという事になりますから、バッテリーの駆動時間は短くなります。
簡単に言えば、常にメモリを使うゲームをプレイしているというのと同じことなので、iOSに機能を増やしている以上防ぎようがありません。

・音声やデータ通信の信頼性低下
通話が途切れたり、データ通信接続が不安定になったり、位置情報が不正確になったり遅延したりします。

通話が途切れたり、データ通信が不安定になるというのは、絶対に無いとは言い切れませんが、それ系統に変更を加える脱獄アプリを使用している場合ははあり得るのではないかなと思います。

位置情報が不正確になるというのは、脱獄アプリを使う事によって位置情報を偽造する事は出来ますので、それを示していると思います。

・サービスの途絶
Visual Voicemail、天気、株価などのサービスが使用できなくなったり、デバイス上で動作しなくなります。さらに、Apple プッシュ通知サービスを使用している他社製 App で通知を受け取りにくくなったり、不正改造された別のデバイスの通知を受け取ったりするようになります。iCloud や Exchange のようなほかのプッシュ型サービスでは、サーバとデータの同期に関する問題も発生します。

天気のサービスが使用できなくなったというのはevasi0n(iOS6.0〜6.1.2)の脱獄ツールの不具合にて起こった事がありました。
あとプッシュ通知を受け取りにくくなる問題は今までに確認した事はありませんし、不正改造された別ので通知を受け取ったりするようになりますというのは、脱獄アプリを使用して可能に出来ると思います。
iCloudにサーバーとデータの同期に関する問題も、脱獄してない環境であっても起こっているので、脱獄のせいと断言する事は出来ません。

・ソフトウェアアップデートを適用できない
不正改造は iOS に修復不可能な損傷を与える場合があります。この結果、将来 iOS アップデートをインストールした際、不正改造されている iPhone/iPad/iPod touch が永久的に操作不能となる可能性があります。

脱獄アプリをインストールするということは、システムファイルに変更を加えることになりますので、場合によってはシステムファイルを壊してしまう場合があります。
その場合は、iTunesで復元をする事によってiOSのソフトウェアは再インストールされ、脱獄前と同じ状態に戻りますので、問題無く使える様になります。
ですのでデバイス永久的に操作不可になる事はありませんのでご安心ください。
まとめ
Appleは、iOSユーザーに脱獄をしてほしくない為、Appleのホームページで脅しという手段を使って、少し大げさな感じに脱獄をしたらこんな問題が起きますということで説明しています。
しかし、実際のところは脱獄をしていなくても起こり得る問題であったり、脱獄で機能を増やしている以上しょうがない事もあるので、そこをちゃんと理解しておけば、納得した上で脱獄が出来るのではないかなと思っています。
ですので、興味がある方は脱獄をしてみてはどうでしょうか?
脱獄ユーザーのコミュニティーの場としてSkypeのグループもありますので、是非参加してください。
沢山の方の参加もお待ちしておりますので、拡散の方も宜しくお願い申し上げます。