オープンソースについて

オープンソースについてご説明します。

オープンソースとは、ソフトウェアのもとになるソースを公開する事です。
ソースを公開する事によって誰でも自由に再配布改造ができ、より素晴らしいソフトウェアを作り出すことが可能です。
そのオープンソースで有名なオペレーティングシステムはLinuxです。
WindowsやMacOS Xとは違い、性能の低いコンピューターでも快適に動作し、非常に安定しています。
Linuxは基本的に知識がある人が無償で開発しているため、開発ベースが遅くなったりする問題もあります。
ですが、Linuxは無料でisoファイルが配布されているため、誰でもコンピューターにインストールして使用する事も可能です。
LinuxをベースにしたOSがいくつかありますが、例として以下の3つがあります。
同じLinuxをベースにして作られたOSですが、使う用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、オープンソースのOSから開発された有名なモバイルオペレーティングシステムはGoogleのAndroidです。 
AndroidはLinuxというオープンソースのオペレーティングシステムをベースにして開発されました。
それも1つの良い例で、オープンソースにする事によっていろいろな開発者がそれをベースにして、いろいろなOSを開発する事ができます。
もちろん誰でも改造ができる反面、不審なプログラムを入れ込んで悪用するという事も簡単にできてしまいます。
なかなかそこは難しい事ではありますが、悪用さえしなければ、無限な可能性があるわけです。
MacOS Xはオープンソースではありませんが、それをベースにしてiOSを開発出来ましたし、iOSをベースにしてWatchOSをAppleは開発しました。
なんでもそうですが、元になるものが無ければ作るのはかなり時間がかかります。
Linuxが登場してから一般の方により数多くのOSが生み出されました。
オープンソース、オープンソースでは無いOSは関係なく、素晴らしいソフトウェアが作り出されて欲しいですね。
今後に期待です。