iPhone5のバッテリーを交換する方法

iPhone5のバッテリーを交換する方法を説明します。

通常、AppleでiPhoneのバッテリーを交換する時、保証対象の場合は無料でやってくれますが、保証対象外の場合は税別9400円がかかります。
しかし、自分でバッテリーを購入し、自分で交換をすれば約2000円で交換ができます。 
もちろん自己責任です。
自分の場合は1675円でバッテリーを購入しました。
販売: FW Product & Trade (出品者のプロフィール) 

また、安いもので1350円で販売されているものもありますが、偽物や非純正等の可能性もあるので、出品者の評価などを確認して購入する事をお勧めします。
iPhone5を使い始めて今年で4年目になったのですが、バッテリーは膨張し、ディスプレイは浮いてきて、発熱も酷くなりました。
見てわかるぐらいディスプレイが浮いています。
そういう方はバッテリーを交換する事をお勧めします。
1.ディスプレイの外し方

星型ドライバーで①、②のネジを外してください。
iPhone5の上部には配線があるので、下部のホームボタン辺りに吸盤を使って持ち上げてください。

本体とディスプレイとの隙間が出来ましたら、ヘラ等を使うと外しやすいです。
プラスドライバーで①、②、③のネジを外します。
ヘラ等を使って①、②、③の順にディスプレイのコネクタを慎重に外してください。
2.バッテリーの外し方
プラスドライバーで①、②、③のネジを外して、ヘラ等を使ってコネクタを慎重に外してください。
矢印のところを大きめのヘラ等を使って、ゆっくりと持ち上げてください。
無理やり持ち上げるとバッテリーを損傷させて、もし穴を開けてしまうと発火する事があります。
これでディスプレイとバッテリーを外す事が出来ました。
次は逆の手順でバッテリー、ディスプレイを取り付けます。
充電回数は0回で、容量も98%です。
また、バッテリーを交換した事によってホームボタンの反応も良くなりました。
バッテリーが膨張した事によってディスプレイが浮き、ホームボタンの配線の接触が悪くなっていたのが原因だと思います。
浮いていたディスプレイも、しっかりとはまっています。
左が使用済みバッテリーで、右が未使用のバッテリーです。
iPhone5はまだまだ現役で使えるので、興味がある方は是非バッテリーを交換してみてください。

コメント

  1. より:

    1350円のバッテリーが純正とは思えませんな

  2. 管理人 より:

    注文した時に送られてきたメールで価格を確認したところ、1350円ではなく、1675円でした。
    記事の内容を修正させていただきます。