スポンサー1

Try UQ mobileレンタルを利用した感想

シェアする

スポンサー2

Try UQ mobileレンタルの感想と説明をします。

まず最初に、UQモバイルというのを簡単にご紹介すると、au KDDIの回線を借りてサービスを提供しているMVNO業者です。 


au KDDIと同じエリアでLTE回線を使用することが出来ます。

しかし、大手キャリアと違ってMVNO業者の回線だと通信速度が心配、今使っているスマートフォンで使えるのか?、繋がりやすいか?など、いろいろな疑問点、不安というのがあるはずです。

それをTry UQ mobileで実際に15日間無料でUQモバイルの回線を使うことができ、体験することが出来るので、そういった不安を解決することが出来ます。 

自分の場合は2月に、Try UQ mobileで15日間無料でモバイルデータ通信回線を使わせていただきました。 

Try UQ mobileのご利用について


Try UQ mobileはSIMカードと端末のセットのレンタルと、SIMカードのみのレンタルが可能です。

こちらからお申し込みしてください

レンタルで入っていたもの

  • SIMカード
  • 説明書/SIMカードの返却方法
  • ゆうパックの宛先の紙
  • UQモバイルの広告


使用した端末



今回、UQモバイルの回線をau版のiPhone5で使用しました。

iPhone5の場合、2012年に問題になった通り、LTEが繋がりにくいです。

auの場合は800MHzに力を入れているのですが、iPhone5には800MHzの通信規格に対応していません。

なので、2.1GHzの電波だけを使ってLTE回線に接続します。

実際に使ってみた感想は、以前に比べて2.1GHzのエリアが拡大していました。

2.1GHzの電波の性質上、障害物に弱くて電波が遠くまで飛ばないのですが、コンクリートの建物の中やトンネルの中、建物が少ない地域ではなければ、問題なくLTEは繋がりました。

また、LTEのエリア外は1x回線に繋がり、電話回線のみ使用できます。

利用したUQモバイルの通信速度の感想


いろいろな場所、時間帯で通信速度の計測を行いました。

時間帯、電波の状況によって通信速度は異なりますが、電波が弱い場所でもそれなりの速度が出ており、多少遅くても問題なくインターネットに接続することができました。

速度制限がかかった時の感想
SIMカードの返却の前日に高画質のYouTubeの動画を再生してデータ通信を使用しました。
その結果、Try UQ mobileで届いたSIMカードは、6GBで速度制限がかかりました。
その時に通信速度を計測した結果、ダウンロードは0.19Mbps、アップロードは0.23Mbpsでした。
その速度でSNSやSafariで検索などをしましたが、画像などが多くなければ意外と普通に読み込み出来ました。
なので、UQモバイルの特徴とも言える節約モードでの利用も安心して出来ると思います。

電話サポート

レンタルが届いて数日経ってから、Try UQ mobileのサポートセンター(0800-777-0320)から電話がかかってきます。

この電話はTry UQ mobile専用ダイヤルなので、それ以外の方はUQお客様サポートセンター(0120-929-818)にかけてください。

電話の内容は、主にUQモバイルの回線を使ってみた感想を簡単に聞かれますが、担当者がいるので、契約に関しては何度でも同じ方に電話ができ、質問することも出来ます。

また、2017年3月時点ではTry UQ mobile利用者限定の特典もあるので、電話でUQモバイルの契約も出来ます。

普通であれば12時ごろにかかってくるので、出られなかった場合はかけなおしてあげてください。 

Try UQ mobileのサポートセンターの受付時間は12:00から21:00となっています。 

電話をして、電話に出たオペレーターに名前を言えば、担当者から折り返し電話がかかってきます。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)