UQモバイルで通信速度が300kbpsに制限される節約モード

UQモバイルで通信速度が300kbpsに制限される節約モードについて説明します。

UQモバイルには節約モードという設定があり、通信速度は300kbpsに制限されてしまいますが、高速通信のデータ通信容量が減らないようにすることが出来ます。

なので普段、高速通信が必要ではない時には節約モードを利用し、高速通信でないと読み込みが出来ない、遅すぎる場合には高速モードに切り替えて利用するという使い方も可能です。

それで今回は、節約モードでどのようなことが出来て、どのようなことが出来ないかというのを簡単にまとめてみました。


第1章 アプリ編


ここで紹介するアプリは一部です。

数日使ってみた感想を簡単に説明しているので、参考程度にお願いします。

・Twitter

タイムラインを見たり返信をしたりなど、問題なく出来ました。

しかし、画像は画質によって読み込みに時間がかかったり、動画の再生は厳しい場合があります。

・Facebook

タイムラインを見たり、コメントをしたりなど、問題なく出来ました。

しかし、画像の画質によって読み込みに時間がかかったり、動画の再生は厳しい場合があります。

・LINE

トークの送受信、タイムラインの表示や投稿などは問題なくできました。

画像は画質によって読み込みに時間がかかったりしますが、表示することは出来ました。

しかし、スタンプ、着せ替えのダウンロードには時間がかかり、動画の再生は厳しい場合があります。

また、音声通話は声が途切れることはありませんでしたが、ビデオ通話だと画質が自動的に悪くなり、場合によっては途切れてしまう場合があります。

・Skype

チャットの送受信は問題なくできました。

画像に関しては自動的に画質が落とされるので、すぐに表示できました。

しかし、動画の再生には時間がかかり、厳しい場合があります。

また、音声通話は声が途切れることはありませんでしたが、ビデオ通話だと画質が自動的に悪くなり、場合によっては途切れてしまう場合があります。

・YouTube

YouTubeのアプリが自動的に画質を落としてくれるので、普通に再生できました。

回線の混み具合によって異なるかもしれませんが、動画は止まることなく、最後まで再生できました。

・App Store

App Storeは全体的に画像が多いため、少し読み込みに時間がかかります。

しかし、アプリの説明や新機能といったテキストのみの場合は問題なく、すぐに表示できました。

また、アプリのダウンロードは厳しいです。

・ツイキャス

視聴、配信ともに問題なく使用できます。

ラジオの場合は変わりませんが、映像の場合は画質が落ちています。

・iPhoneを探す

問題なく使えました。

しかし、アクションの実行には問題ありませんが、マップの表示に時間がかかります。

・マップ

場所の検索をすれば、すぐにその周辺のマップが表示されますが、拡大したり、縮小させたり、表示させる範囲が広くなると、読み込みに時間がかかります。

・Google 翻訳

問題なく使えました。

音声の再生も出来ました。

第2章 Safari編

Safariで読みをしたサイトが、完全に読み込みが完了するまでの時間をまとめました。

・Google

4秒

・Yahoo JAPAN

47秒

・Appleホームページ

2秒

・BigBoss

4秒

・iOS、JB総合ブログ

22秒

・Wikipedia

10秒


第3章 まとめ


LTEが2012年、iOS6が搭載されたiPhone5と同時に登場して、高速通信が当たり前になりましたが、そんなに高速通信を求めていないという人もいると思います。

基本的にWi-Fiがない場所ではSNSしかしないだとか、多少読み込みが遅くてもいい。

場合によってはどこに行ってもWi-Fiがあるから、そんなに高い料金でLTEを使う必要ないという人いるかもしれません。

そんな方にUQモバイルの節約モードはお勧めです。

大手キャリアには節約モードというのは存在せず、速度制限がかかってしまうと128kbpsに通信速度が制限されてしまいます。

しかし、UQモバイルの場合は、いつでも通信速度を制限できる節約モードがあり、大手キャリアと違って300kbpsも速度が出ます。

それがUQモバイルの魅力の1つだと思っています。