スポンサー1

テザリング機能をキャリアは無料で提供すべき理由

シェアする

スポンサー2

テザリング機能をキャリアは無料で提供すべき理由について説明します。

iPhoneでテザリング機能は、2012年のiPhone5発売開始後、SoftBankとauで提供が開始されました。

当時、テザリング機能は最初の2年間のみ無料で利用でき、それ以降は500円のオプション料金が必要でした。

多くの人に知られていない事なのですが、実はiPhone4やiPhone4sにもテザリング機能に対応しているのです。

キャリアの制限で、本来は使えるはずのテザリング機能は設定画面から表示されないようにされており、使えなくされていました。

そのキャリアの制限を解除し、テザリング機能を使えるようにするTetherMeという脱獄アプリがあるのですが、iOS4から対応しています。

iOS4から対応しているので、iPhone4はもちろんテザリング機能に対応しており、制限をかけていないキャリアやTetherMeをインストールしているiPhoneでは設定画面内にインターネット共有の項目が表示されるはずです。

ここで何が言えるのかというと、キャリアがテザリング機能を提供しているのではなく、もともと端末に搭載されている機能なのです。

なので、本来であればキャリアにテザリング機能を使うために1円も払う必要はありません。

また、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているMVNO業者の場合はどうなのかというと、基本的に無料でテザリング機能を使うことができます。

MVNO業者の中で大手とも言えるUQモバイルの場合、UQモバイル版、キャリア版、SIMフリー版の全てのiPhoneでテザリング機能を使うことができます。

Yモバイルでもテザリングは無料ですが、Yモバイルで販売されたiPhoneでしかテザリングは使えません。

この様に、MVNO業者の場合は端末によってテザリング機能を使えないということもありますが、基本的に無料で使えるのです。

もちろんMVNOは大手キャリアの回線を使っているということもあり、通信速度も制限され、速度もあまり出なかったりしますが、それでも共通して言えることがあります。

それは、インターネット通信を行なっているのはiPhoneであって、それをiPhoneの画面で表示しているのか、それともパソコンや他の端末で表示させているのかの違いです。

テザリングを使ったからといってデータ通信量は大幅に増えるわけでもなく、無制限になるわけでもありませんよね?

iPhoneで契約しているプランの範囲内でデータ通信を使わないといけませんし、それを超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。

現在では大手キャリアでもプランによって無料でテザリング機能を使うことが出来ますが、データ通信量が20GB、30GBといったプランだと有料となっています。

大手キャリアは取れるところから金を取ってしまえ!といった感じが非常に伝わってくるので、まずは全てのプランでテザリング機能の無料開放をして欲しいと思います。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)