スポンサー1

iOS7リリース以降、増えつつある丸アイコンの問題点

シェアする

スポンサー2

iOS7リリース以降、増えつつある丸アイコンの問題点について説明します。

iOS7以降、丸アイコンが増えた原因

iOS7リリース以降、Apple社は最大な誤ちを犯してしまいました。

それは、Apple社共同創業者であり、元AppleCEO、元会長であったスティーブ・ジョブズや、iOSの父や生みの親とも言われているスコットフォーストール元iOS担当上級副社長が好んでいたスキュモーフィズムデザインを完全に消し去ったという事です。

スコットフォーストール前iOS担当上級副社長は2012年にiOS6リリース以降、Apple製のマップ問題の責任を負わされてApple社を追放されたと言われています。

また、スティーブ・ジョブズスタイルを貫いた事で、ティムクックAppleCEOとその他の幹部との確執があったとも言われており、その結果、マップ問題を理由にApple社を追い出したという説もあります。

デザインに関して、iOS6までは四角ベースのデザインでしたが、iOS7以降は丸ベースのデザインになりました。

スライダーにしても、連絡先の画像であっても、カレンダーのアイコンにしても、何もかも丸アイコンになっています。

 

それが原因でいろいろなアプリで丸アイコンが増えていっていると考えられます。

四角アイコンと丸アイコンの違い

四角と丸のアイコンを図形で簡単に違いを見ていきましょう。

この2つの図形の大きな違いとしては面積です。

四角に比べて丸の方が面積が小さくなってしまいます。

それを証明するために、それぞれの図形の面積を簡単に求めてみましょう。

《四角アイコン》

・一辺の長さ : 2cmとする

・正方形の面積の公式 : 一辺×一辺
2×2=4㎠

《丸アイコン》

・円の直径 : 2cmとする

・円の面積の公式 : 半径×半径×3.14

1×1×3.14=3.14㎠

引き算

最後に、四角アイコンに比べて丸アイコンはどれだけ面積が小さくなっているか計算してみましょう。

四角アイコン(4㎠)-丸アイコン(3.14㎠)=0.86㎠

この様に、小学校で習った公式を使って計算をすると四角アイコンに比べて丸アイコンの面積は0.86㎠も小さくなっています。

その理由として、丸アイコンにするがために角っこを削って表示させているからです。

なので、結果的に画像の表示面積が小さくなってしまいます。

丸アイコンに合わせた画像を用意する必要がある場合がある

四角アイコンであれば、四角の枠内に画像が収まれば、どんな画像でも、見た目的には特に問題というのはありませんでした。

何かのロゴであっても、写真であっても、模様であっても、何であっても、四角アイコンであれば特に編集も必要なく、違和感も無く使うことは出来たと思います。

しかし、丸アイコンとなってしまうと、それに合わせた画像を用意、もしくは画像を編集しなければいけない事もあります。

2020年の東京オリンピックの旧エンブレムを例にします。

画像を比べてみたら分かる通り、文字が下の方に配置されていても、四角アイコンの場合は文字の全て見ることができます。

しかし、丸アイコンの場合は文字が一部見えなくなってしまっており、文字の全てを見れる様にするには文字を小さくするか、画像の真ん中に文字を配置する必要があります。

丸アイコンにする事は不適切

個人的にアイコンを四角から丸にする事は不適切だと考えています。

丸アイコンの全てが不適切と言うことは難しいところではありますが、少なくともまれに使用するのであれば理解できる部分はあります。

身の回りの物を例にします。

スティーブ・ジョブズやスコットフォーストールは現実世界のデザインをiOSのソフトウェアにそのまま使うことが大好きでした。

例えば、公衆電話、エスカレーターの緊急停止ボタン、火災警報器といったボタンは丸いボタンが使われていますよね。

ただ、テレビのリモコンや部屋の電気のスイッチ、エアコンのリモコン、パソコンのキーボード、電卓、エレベーターなどといったものは四角のボタンだったりするので、四角のボタンの方が多く使われている気がします。

現実世界のボタンであっても四角のボタンの方が多いというのに、ソフトウェアで丸いボタンや丸アイコンが主流になっていっているのはおかしいのではないのかなと思っています。

特にボタンとは違ってアイコンというのは画像を使われる事が多く、多くの情報を表示する事ができます。

ですが、丸アイコンにする事によって表示させる事ができる情報が少なくなってしまいます。

しかも、電卓みたいなところで丸いボタンを使うと、なんか無駄にスペースが空いていて、個人的に気になるんですよね。

iOS 6と比べて身が引き締まったデザインではないですね。

今後、OSといったソフトウェアの開発者、アプリの開発者が考え直さなければいけないことは、ボタンとアイコンの区別ですね。

何を丸にするべきか、四角にするべきか、1から考え直す必要があります。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)