スポンサー1

最高級のiPhoneマネージャー(AnyTrans)でAndroidからiPhoneにデータ移行可能になった

シェアする

スポンサー2

最高級のiPhoneマネージャー(AnyTrans)でAndroidからiPhoneにデータ移行可能になったということで説明します。

アップデート内容

以前にAnyTransというツールをご紹介しましたが、2017年9月12日にバージョン6.0.0にアップデートが行われて、新しい機能が搭載されました。

vacation-et.work/archives/1065592094

アップデート内容

  1. 最新のiOS11パブリックベータ版に対応。
  2. メッセージ、通話履歴、写真や音楽など、すべてのデータをワンタッチでAndroidデバイスからiOSデバイスに移行できる「iOSへ引っ越し」機能を導入。
  3. Androidデバイスから音楽、ムービー、着信音、フォトライブラリ、ブックをiTunesへ

2015年にAppleがMove to iOSというAndroidからiPhoneにデータ移行する専用のアプリをリリースしていましたが、今回ご紹介するAnyTransではそれを超えるような機能を搭載しています。

vacation-et.work/archives/1040854997

また、日本時間2017年9月13日午前2時にAppleの発表会が行われ、そこで新しいiPhoneであるiPhone 8とiPhone Xが発表されました。

これらの新しいiPhoneが発売された後、機種変更をするという人はたくさん出てくるでしょう。

機種変更をした後、特に皆さんが困ることといえば、データー移行だと思いますし、こちらはそんな方に大変お勧めなツールになっております。

以下のAnyTransのホームページに機能の詳細が説明されていますので是非ご覧ください。

https://www.imobie.jp/anytrans/move-android-to-iphone.htm

ここでは、おおまかな機能を抜き出して紹介します。

AnyTransとMove to iOSの比較

このソフトウェアの特徴

  • Android 4.0以降とiOS 5以降のすべての端末に対応。
  • データーを移行する前に工場出荷時にリセットする必要がない。
  • 必要な特定のファイルを個別に選択して転送することが可能。
  • Androidに保存されている動画や音楽をiOS対応の形式に自動で変換する。

バージョン6.0.0にて無料で使える機能

AnyTransの購入に関して


3

現在、3つのライセンスがあります。

  1. シングルライセンス
  2. ダブルライセンス
  3. マルチライセンス

注意

  • 無料アップグレード権付をチェックしていない場合、AnyTrans 6.xまでアップグレードできます。
  • 記載内容および製品仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)