スポンサー1

Windowsに関連した情報を記事にすることの難しさ

シェアする

スポンサー2
f825fc17.jpg

Windowsに関連した情報を記事にすることの難しさについて、感じたことを簡単に説明します。

1.Windowsパソコン

Windowsが搭載されたパソコンというのは世界中にたくさんありますよね。

その理由として、ソフトウェアであるWindowsはアメリカのMicrosoft社が開発しているのですが、ハードウェアのパソコン本体は世界中のいろいろな会社が作っているからです。

日本では主にVAIO社、NEC、TOSHIBA、富士通がパソコンメーカーですね。

その時に生じる問題として、パソコン本体の使い方がメーカーによって少し異なるということです。

例えば、BIOSの起動方法であったり、BIOSの設定画面のレイアウトはメーカーによって異なっています。

また、パソコン本体を作っている会社の独自の機能やソフトウェアがあったり、独自の物理的なボタンがあったりと、さまざまな部分で違いが出てきてしまいます。


2.Apple製品の統一性

Apple社のiOSデバイスやMacシリーズをお使いの方であれば分かる通り、基本的な操作方法というのは統一されていますよね。

今回はiOSデバイスを例にしますと、ボタンの種類や位置も基本的には統一されています。

もちろんデバイスによって、ハードウェア面でTouch IDがあるか無いかなどの機能の違いというものはあるものの、iPhoneやiPod touch、iPadであろうと使い方はほぼ変わりませんし、使い勝手というものも変わりません。

このことから、Apple製品は非常に記事にし易いです。

3.全てを説明するのは不可能

ハードウェアとソフトウェアを同じ会社が作り販売しているApple製品と違い、いろいろなメーカーが販売しているWindows搭載パソコンとなってしまうと、機能の違いが出てきてしまうため、説明ができない部分というのが出てきてしまいます。

今後、Windowsパソコンで仮想マシンにOSのインストールする方法やデュアルブートなどといった記事も投稿しようと思っていますが、特にデュアルブート方法となるとBIOSを操作する必要があり、メーカーによってやり方が異なるため、詳しい説明ができません。

できる限りわかりやすく記事にはしたいと思っていますが、メーカーによって異なる操作の説明は省かないといけないという現状があります。

そういったことが記事にする難しさではあると考えています。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)