スポンサー1

2017年12月2日0時過ぎ頃からiPhoneが勝手に再起動される問題

シェアする

スポンサー2


2017年12月2日0時過ぎ頃からiPhoneが勝手に再起動される問題について説明します。

発生日時

2017年12月2日午前0時過ぎ

今回発生した問題

iPhoneが数十秒から数分の間に連続して勝手に再起動される。

対象デバイス

iOS 11.1以降がインストールされた64bitプロセッサ全てのiOSデバイス。

原因

Zaimの公式Twitterによると、 「繰り返し設定のあるローカル通知」を組み込んでいるアプリをiOS 11.1以降の端末にインストールしていると今回の問題が発生するようです。

SpringBoardとの関係



Zaimの公式Twitterによると、
ローカル通知でrepeatIntervalを設定してる場合にspringboardがクラッシュするようです。



また、報告が上がっている動画を見ると、再起動するまでの時間が非常に短く、主にホーム画面を表示するなどの機能を果たしているiOSのソフトウェアである
SpringBoardというものが再起動、つまりリスプリングがされていることが分かります。


対処法

1. iPhoneの日付を12月2日以前に戻すことによって勝手に再起動する問題を防ぐことができます。

【方法】

設定アプリ>一般>日付と時刻>自動設定をオフ>日付を12月2日以前に戻す

2. 全てのアプリの通知設定をオフにする事によって、iPhoneが勝手に再起動する問題を防ぐことができます。

【方法】

設定アプリ>通知>インストールされているアプリ>通知の許可をオフ

故障の可能性

今回の場合、ハードウェアではなくソフトウェア側に問題があります。

Appleサポート

今回の件に限らず、Apple製品に何かしらの問題が発生した場合や、トラブルが解決しない場合はAppleサポートに速やかに連絡してください。

Appleサポート公式サイトリンク

https://support.apple.com/ja-jp

その他

この問題を修正したiOS11.2が本日リリースされました。

12月2日以前に日付を戻す、もしくはアプリの通知を全てオフにして、速やかにデバイスを最新バージョンにアップデートをしてください。

もし、それでも問題が解決しない場合はAppleサポートに連絡してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208332

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)