32bitデバイスをiOS8.4.1にダウングレードする方法

32bitデバイスをiOS8.4.1にダウングレードする方法を説明します。

第1章 確認と準備

1.対象デバイス
  • iPhone 4S
  • iPhone 5 
2.ダウングレード条件 
  • MacLinux搭載したパソコン(仮想マシンでも可能)
  • 脱獄済みデバイス
  • WiFi経由でOpenSSH接続が可能(CydiaからOpenSSHをインストール)
3.必要なもの
  • odysseusOTA 2
  • iOS8.4.1IPSW(ダウンロード後、名前を841.ipswに変更してください。)

上記の2つのファイルを以下のリンクからダウンロードして、デスクトップに保存してください。

https://vacation-et.work/archives/1002208062.html

2 ダウングレードの準備

1.ダウンロードして名前を変更した841.ipswを、odysseusOTA2フォルダ内にあるお使いのOSの名前のフォルダの中に移動してください。

11fdb284.png
2.ターミナルを起動して、cd (cdの後にスペース)と入力し、odysseusOTA2フォルダ内にあるお使いのOSの名前のフォルダをターミナルのウインドウ上にドラックしてEnterキーを押してください。

0fdaf331.png

3.ダウングレード用のファームウェアを作成するには以下のコマンドを入力して実行します。

97e24d58.png

./ipsw 841.ipsw custom_downgrade.ipsw -bbupdate

4.ダウングレードに使用するiOS8.4.1のOTASHSHを取得するには、以下のコマンドを入力して実行してください。

0900bf46.png

./idevicerestore -t custom_downgrade.ipsw

5.pwnediBSSを抽出するには、以下のコマンドを入力して実行します。

0a089b5a.png

./xpwntool `unzip -j custom_downgrade.ipsw 'Firmware/dfu/iBSS*' | awk '/inflating/{print $2}'` pwnediBSS

6.ファイルをデバイスにコピーする必要がある為、以下のコマンドを入力して実行します。

8

scp pwnediBSS ../kloader root@IPアドレス:

上のコマンドの太字になっているIPアドレスは書き換えが必要になります。

設定アプリ内の接続済みWi-FiのiマークよりIPアドレスを確認してください。

46e8894d.png

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? と表示された場合、接続を続行しないといけないので、yesと入力してください。

9

次にrootのパスワードを入力します。

初期のパスワードはalpineです。

49ed2e61.png
7.デバイスとSSH接続をする必要があるので、以下のコマンドを入力して実行してください。

50bbbaea.png

ssh root@IPアドレス

上のコマンドの太字になっているIPアドレスは書き換えが必要になります。

設定アプリ内の接続済みWi-FiiマークよりIPアドレスを確認してください。

1

次にrootのパスワードを入力します。

9657e5a1.png 

初期のパスワードはalpineです。

8.デバイスをSSH経由でkloaderを実行するには以下のコマンドを入力して実行します。

09705dcd.png

./kloader pwnediBSS

3 ダウングレードの実行

1.新しいターミナルを起動して、cd (cdの後にスペース)と入力し、odysseusOTA2フォルダ内にあるお使いのOSの名前のフォルダを、ターミナルのウインドウ上にドラックしてEnterキーを押してください。


2

2.ダウングレードを開始するには以下のコマンドを入力して実行します。

ed814009.png

./idevicerestore -w ./custom_downgrade.ipsw

efe75cc7.png