スポンサー1

端末のSIMロックを解除すべき理由

シェアする

スポンサー2

端末のSIMロックを解除すべき理由を説明します。

SIMロックとは

SIMロックとは、キャリアで販売された端末がそのキャリアの回線でしか通信を出来ないようにしている制限のことです。

SIMロックによって、他社の通信事業者のSIMカードを使って通信を行おうとしても、iPhoneの場合はアクティベーションエラーが表示されて、電話はもちろん、モバイルデータ通信回線を使う事ができません。

総務省のガイドラインの改正

総務省のSIMロック解除に関するガイドラインの改正により、2015年5月からキャリアで販売された端末のSIMロック解除が義務化されました。

この事により、2015年5月以降キャリアで販売されたiPhone、つまりiPhone6sやiPhone6s PlusからSIMロックを解除する事が公式の方法で出来るようになりました。

Apple社は、iPhoneのSIMフリー端末をiPhone5s以降、日本のApple Storeやオンラインショップで販売していましたが、総務省のガイドラインの改正により、条件を満たした場合に限りますが、キャリアで販売されたiPhoneでもSIMフリー端末にすることが可能です。

キャリアが端末にSIMロックをする理由

簡単に言うと、端末にSIMロックをかけることによって、他のキャリアで契約されないようにする為です。

キャリアはたくさんのユーザーに契約してもらいたいが為に、実質負担0円や端末の割引サービスなどを行ったりして、契約者を増やそうとしています。

しかも、2年ごとに契約を更新して、更新月以外でキャリアとの契約を解約すると違約金が発生するような仕組みも作り上げました。

こうやってキャリアと契約させる事により、2年契約だからといった理由で2年ごとに機種変更やMNPなどで新しい端末を買わせます。

そして、一般ユーザーの場合は使わなくなった端末をSIMロックがかかった状態で中古ショップなどで売ったりするわけですから、故障して使えなくなるまで、いろいろなところに出回ります。

もちろん、その端末にはSIMロックがかかっているわけですから、基本的に一番最初の購入者が購入したキャリアでSIMカードを契約して使うしかありません。

現在であれば、MVNO業者というのがありますから、SIMロックを解除していなくても他社の通信事業者のSIMカードを使って通信が出来る場合もありますが、選択肢が限られてきます。

この様に、キャリアは販売した端末を永遠に他のキャリアで使わせない様にする為にSIMロックをかけています。

SIMロックを解除しよう

各キャリア、SIMロックを解除する手続きに関してのページを公開しています。

それに従って、条件を満たした場合にのみ購入した端末のSIMロックを解除する事ができます。

また、自動的に端末のSIMロックは解除されるわけではありませんので、ご注意ください。

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

SIMロック解除のお手続き|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

SIMロック解除のお手続き|契約内容の確認・変更|サポート|Y!mobile(ワイモバイル)

SIMロック解除手続きをするタイミング

購入した端末をキャリアで契約している場合、キャリアが定める条件を満たしているのであれば、いつでもSIMロックを解除する事が出来ます。

しかし、キャリアとの契約を解約して、ある一定期間過ぎてしまうとSIMロックを永遠に解除する事が出来なくなってしまいます。

そうなってしまわないように、忘れないうちに早い段階でSIMロックを解除する事をお勧めします。

キャリアとの契約が終了した時点、または端末購入代金をキャリアに全て支払った時点で、端末は販売したキャリアのものではありません。

完全に購入者のものになるわけですから、購入者がキャリアとの契約を解約後、端末を何処のキャリアで使うのか、何に使おうが自由です。

今までのようにキャリアに縛られる事はありません。

解約済みの端末のSIMロック解除

NTT docomoは、2019年2月20日より、「中古ショップで購入した端末」や、「知人から譲り受けた中古端末」についても、SIMロックの解除に応じると発表されました。

リンク:SIMロック解除の受付条件を一部変更

SIMロック解除の手続きは「ドコモオンライン手続き」や「ドコモショップ」で受け付けます。

総務省が2019年9月1日以降、中古端末のSIMロック解除に応じるように大手キャリアに義務付けています。

その義務化に向けてdocomoが一足先に対応したということで、これに関しては流石元「日本電信電話公社」だなと思いました。

au KDDIやSoftBankもこのdocomoの対応を見習って、1日も早くSIMロック解除に対応して欲しいです。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)