スポンサー1

iOS11の新しいApp Storeの問題点

シェアする

スポンサー2

e8ac277c.jpg

iOS11の新しいApp Storeの問題点について取り上げます。


AppleのiOS11プレビューページにて正式に発表されている事なのですが、iOS11からApp Storeが大幅に変わります。

1.大幅に変わる理由(Appleホームページより)e091e17c.jpg

App Storeが9年前に登場してから、数百万のアプリケーションが、数十億回もダウンロードされてきました。私たちはこれまで学んできたことのすべてを活かして、App Storeを一から作り直しました。必読のストーリーから、エキスパートのおすすめ、入念に作り上げられたリスト、便利な使い方、次にお気に入りになるアプリケーションやゲームの新しい見つけ方まで、コンテンツは盛りだくさん。これは、アプリケーションの誕生以来、App Storeに訪れた最大の進化です。

2.新しいタブの種類(Appleホームページより)

・Today

このタブを毎日チェックすれば、アプリケーションの世界で今起きていることを正確に把握しておけるようになります。とっておきのニュースがある時は、App Storeのエディターがその内容を紹介します。

39d98071.jpg
・ゲーム
ゲームはとても人気があるので、専用の場所を作りました。熟練のゲーマーたちがキュレーションをするこのタブは、あなたのゲームに対する情熱を次のレベルに引き上げます。
0d386c24.jpg

・App

私たちの毎日の生活に欠かせないものとなったアプリケーションのために、ホームとなる場所を用意しました。あふれるほどのコンテンツが美しく整理されているので、どんなことをしたい時でも最適なアプリケーションをより簡単に見つけられるようになります。
e0306086.jpg
3.全てのアプリを平等に扱うべきである

App Storeというのは、名前の通りアプリのストアですから、全てのアプリを平等に扱うべきであると思います。

人気があるからといって、ゲームという専用のタブを作るというのは絶対におかしいです。

iOS10までのApp Storeのシンプルさ、使いやすさ、そしてアプリの探しやすさがなくなってしまった感じがしています。

そして、iOS11をインストールしたデバイスで実際に新しいApp Storeを使ってみたのですが、逆にごちゃごちゃして使いにくくなっているというのが第一印象でした。


4.ゲームに特化したものが本当に必要な場合
iOS4からiOS9まで、ゲームごとのプレイヤーのランキングや、友達はどのようなゲームをやっているのか、などを簡単に確認することが出来たGame Centerアプリというのがありました。
iOS4から標準で搭載されていたアプリだったのですが、iOS10で廃止されました。

それでもGame Centerのサービス自体は継続しており、そんなにゲームが人気であるのであれば、Game Centerアプリを廃止することもなかったと思いますし、Game Centerに足りなかった事といえば、ゲームアプリとの連携が不十分だったということです。

つまり、App Storeにゲーム専用のタブを作るのではなく、Game Centerアプリの中でApp Storeにあるゲームアプリをダウンロード出来るようにして、そこにゲームに特化したゲーム専用のタブを作るべきだったのではないかと考えています。

5.最後に

iOS4からずっとiOSを使ってきましたが、App Storeでアプリを探したり、ダウンロードする時のほとんどは検索タブからキーワードを打ってアプリを探していました。

たまにランキングタブでどのようなアプリが人気があるのか見ていたぐらいで、検索タブとアップデートタブ以外のタブはほとんど使うことがありません。

有名なアプリであったり、利用者の多いアプリであったら、Twitterやニュースといったところで話題になりますからね。
なので、App Storeを新しくするのであれば、本当に必要なものなのか、需要はあるのか、iOSユーザーが本当に求めているものなのかをよく考えて、作ってほしいと思います。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)