モバイルデータ通信量を節約しよう

モバイルデータ通信量を節約しようということで説明します。

格安SIMといったMVNOが普及し、大手キャリアの高額な契約料を払わなくても、安い料金でスマートフォンやSIMカードを契約する事が可能になりました。

そこで、MVNOでは大切になるデータ通信容量ですが、大手キャリアでもデータ通信容量が少ないプランというのも登場しています。

UQモバイルやmineoなどといったMVNOであれば、節約モードがあり、それを使うことによって1ヶ月のデータ通信容量を減らさずに、インターネットを使う事が可能ですが、それが出来ない場合というのもあります。

そんな方にお勧めの方法が以下の通りです。

1.機内モード

 

5d97ad16.jpg

Wi-Fi環境がある場合、機内モードをオンにしてインターネットを使う方法があります。

それによって、もちろんデータ通信容量は減りませんし、もしWi-Fiが途切れてしまった場合にも3G回線やLTE回線で通信する事もないので安心です。

また、基地局との通信を一切しないので、バッテリーの節約にもなります。

2.モバイルデータ通信をオフ

 

5498a8c4.jpg

この方法は、Wi-Fi環境があり、インターネットも電話回線で通話もしたい場合にお勧めです。

機内モードだと基地局との通信を一切出来ませんが、モバイルデータ通信回線をオフにした場合は、3G回線やLTE回線といったデータ通信のみ使えなくなります。

なので、データ通信容量は減りませんし、もし、Wi-Fiが途切れてしまった場合にも3G回線やLTE回線で通信する事もないので、安心です。

 

3.モバイルデータ通信で通信をするアプリを設定する

66175bfd.jpg
この方法は、アプリごとにモバイルデータ通信回線でインターネット接続を許可するアプリを設定する方法です。
こちらのリストにあるアプリをオフにすることによって、3G回線やLTE回線での通信を完全に不可能になるため、データ通信容量を節約する事が出来ます。
また、今までにモバイルデータ通信で通信をした容量も確認できるので、大変便利です。