スポンサー1

AppleがDeveloper向けニュースサイトでMacとiOSのアプリケーションの64bit化を求める案内を公開

シェアする

スポンサー2
AppleがDeveloper向けニュースサイトでMacとiOSのアプリケーションの64bit化を求める案内を公開しました。
2017年6月28日に以下のサイトで公開されています。

https://developer.apple.com/news/

1.Macアプリケーションの64bit要件 (2017年6月28日)
f07e1e40.png

WWDC 2017では、Mac App Storeに提出された新しいアプリは、2018年1月から64bitをサポートする必要があり、Macアプリのアップデートや既存のアプリは、2018年6月から64bitをサポートする必要があります。Mac App Store以外でアプリを配布する場合、 64bitのバイナリを配布することを強くお勧めします。これにより、ユーザーがMacOSの将来のバージョンであなたのアプリケーションを引き続き実行できるようになります。 macOS High Sierraは、32bitアプリケーションを妥協することなくサポートする最後のmacOSリリースになります。

2.iOS 11の64bitアプリケーション (2017年6月28日)

5797214b.png

App Storeに提出された新しいiOSアプリとアップデートは、64bitをサポートする必要があります。 32bitアプリケーションのサポートはiOS 11では使用できず、以前にユーザーのデバイスにインストールされていた32bitアプリケーションはすべて起動しません。 App Storeで64bitをサポートするようにアプリを更新していない場合は、アップデートを送信して、今秋に何億人ものユーザーが手に入るアプリをiOS 11で引き続き実行できるようにすることをおすすめします。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)