WindowsのVMware PlayerでMacOSのVMware用インストールディスクを作成する方法

WindowsのVMware PlayerでMacOSのVMware用インストールディスクを作成する方法を紹介します。

注意事項

また、こちらの方法は、VMware PlayerにMacOSがインストールされている環境が必要になるのでご注意下さい。

今回使用する環境

  • Windows8.1
  • VMware Player (バージョン6.0.7)
  • Mac OS X 10.9 Mavericks

第1章 インストールディスクの準備

b3ab20ed.png

インストール済みMac OSの仮想マシンの設定の編集をクリックしてください。

6aa533c2.png

追加をクリックしてください。

30d9d5ea.png

ハードウェアを選択して次へをクリックします。

ea0bc206.png

SATAを選択して次へをクリックします。

96ecf4c9.png

仮想ディスクの新規作成を選択して次へをクリックしてください。

94f9310d.png

ディスクの最大サイズを8GBにして、仮想ディスクを単一ファイルとして格納を選択して次へをクリックします。

52e2ec03.png

最後にディスクフャイルの保存先設定と名前を設定して完了をします。

1d7e2c2a.png

仮想マシン起動後は、ディスクユーティりティより先ほど作成した8GBのディスクを消去してください。

f928b53e.png

その後、バーティションより以下の設定をして適用をします。

バーティションのレイアウト : 1バーティション
名前 : MyVolume
フォーマット : Mac OS 拡張 (ジャーナリング)
サイズ : 8GB

59b47e0a.png

次は、ターミナルより以下のコマンドを実行してください。

今回はMavericksを作成します。

Mavericks
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app
Yosemite
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app
El Capitan
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app
Sierra
sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app
High Sierra
sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app
Mojave
sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume
Catalina
sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

詳細は以下のAppleのホームページをご覧ください。
macOS の起動可能なインストーラを作成する

f1ef47ee.png

仮想マシンをシャットダウンして仮想マシンの設定の編集から追加した8GBのハードディスクを削除してください。

第2章 MacOSのインストール

b93bf977.png

新規仮想マシン作成をクリックしてください。

ddc5d546.png

後でOSをインストールを選択して次へをクリックしてください。

95689475.png

ゲストOSをApple Mac Xに選択して、バージョンを選んで次へをクリックします。

99482962.png

仮想マシン名場所を設定して次へをクリックをしてください。

97fb9a30.png

ディスク最大サイズを設定し、仮想ディスクを単一ファイルとして格納を選択して次へをクリックします。

de6406fa.png

最後に完了をクリックします。

cbc6b7b5.png

仮想マシンの設定の編集をクリックしてください。

36fac0ae.png

追加をクリックしてください。


3

ハードディスクを選択して次へをクリックします。

d0be07a1.png

SCSIを選択して次へをクリックしてください。

38c2f599.png

既存の仮想ディスクを使用を選択して次へをクリックします。

eb898102.png

参照より作成したvmdkファイルを選択して完了をクリックします。

第3章 初期設定

e3b1b713.png

仮想マシンを起動して、主に日本語を使用するをダブルクリックします。

e153a091.png

ディスクユーティりティをダブルクリックします。

8190abed.png

インストールするディスクを消去してください。

15

OS Xをインストールをダブルクリックをクリックしてください。

63257313.png

インストールしたい場合は続けるをクリックします。

017aca85.png

同意するをクリックしてください。

89619112.png

ディスクを選択して、インストールをクリックしてください。

91720229.png

インストールが開始します。

58b86f9d.png

インストールには時間がかかります。

d0d6527b.png

インストールが終了したら、初期設定をしてください。

第4章 画面の最適化

af4c3823.png

仮想マシンのバーのディスクマークを右クリックして、設定をクリックしてください。

109ed63f.png

ISOイメージフャイルを使用するよりunlock-all-v130フォルダ内のtoolsdarwin.isoを選択してください。

4e847856.png

VMware Toolsのインストールをクリックしてください。

a323552a.png

インストールを続けるをクリックします。

94087a89.png

第5章 キーボードの設定

8303b3df.png

仮想マシンをシャットダウンし、仮想マシンの保存した場所のフォルダ内に拡張子がvmxというフャイルがあるので、テキストで編集します。

df64925f.png

以下を追加してください。

keyboard.vusb.enable = "TRUE"
keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

仮想マシンを起動してください。

a3e39328.png

続けるをクリックして、指示に従ってください。

85767cda.png

JISを選択して完了です。