NHKについて思っていること

NHKについて思っていることを説明します。

NHK職員の待遇が良すぎる

NHKというのは、一般的にテレビ局というイメージを持たれている方が多いと思いますが、フジテレビ、日本テレビ、TBSといったテレビ局の社員とは違い、NHKの職員の待遇は良すぎるのです。

普通の一般企業ではあり得ない事ですが、経費は事実上使い放題です。

つまり、あまり経費を使わないと次から予算が削らてしまうので、無理やりお金を使っているのです。

経費を無駄使いしているという事ですね。

定年後の収入も安定している

つまり、本人が望めば関連会社に再雇用され、年齢制限なく働くことができます。

民間企業でも再雇用してくれる会社はありますが、年齢制限がないというのは考えられません。

受信料について

NHKは他のテレビ局とは違ってCMが無いので、職員の給料から運営費までほとんどが受信料によって支払われています。

昔であれば、テレビ局はNHKしかありませんでしたから、受信料も払わないといけないというのはわかりますが、今はたくさんのテレビ局があります。

地方のテレビ局はもちろん、ケーブルテレビやスカパーで観れるCS放送もあります。

なのになんでNHKは強制的に受信料を払わないといけないのでしょうか?

もう時代はNHKの独占の時代では無いんです。

NHKをみたい人だけ受信料を払い、見ない人や見たくない人は払わないといった制度を作るべきですよね。

NHKが全てではありません。

また、受信料だけで運営することが困難であれば、そろそろ民営化しても良いのでは無いでしょうか?

他の民間のテレビ局と同様にスポンサーを探し、CMを流したりしてNHKを成り立たせるべきです。

NHKの良いところ

NHKの良いところは1つしかありません。

それは、日本全国どこに行っても同じ放送を見ることができるということです。

普通であれば、地域ごとにテレビ局は違いますし、特に田舎になってしまうと全国放送されている様な番組でも遅れて放送されることが結構あります。

ですが、NHKの場合はどこの地域でも同じ時間帯に同じ放送を見ることができるので、こればかりは良いのでは無いでしょうかね。

NHKの番組について

NHKも普通のテレビ局なので、これに関しては特別に差があるわけでは無いと思います。

テレビ局によって作る番組の方針も違うわけですからね。

また、以前にやらせ問題といった出来事がありましたが、真実では無いという事を分かっていてそういった番組を作るというのは絶対にあってはいけないはずです。

国民から直接受信料を強制的に払わせておいて、それを使ってNHKは運営されているわけですから、そういった自覚をしてもらわないと困りますよね。

勉強になる番組

基本的にNHKの番組は全く見ないのですが、唯一この番組だけは、高校時代に授業中に教材としてたまに見ていました。

それは何かというとプロフェッショナルです。

番組紹介は以下のサイトをご覧ください。

番組紹介 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
08ba0763.jpg

この様に、いろいろな仕事というのはありますが、裏で活躍してる人というのが大勢います。

そういった人達を知るきっかけになりますし、あまり知られていない事を多くに知ってもらいたいと個人的には思います。

なので、そういった意味ではNHKはプロフェッショナルという、これに関しては素晴らしい番組を作成しているんだと、個人的にも認めています。

まとめ

この様に、NHKもその辺りにある普通のテレビ局であり、他のテレビ局との差を無くさないといけないと思います。

いろいろな問題点がありますが、そういった問題を全て解決し、スクランブル放送、または民営化に向けて方向転換して欲しいと思います。