スポンサー1

iPhoneの低電力モードについて

シェアする

スポンサー2

iPhoneの低電力モードについて説明します。

低電力モードとは

iOS9からiPhone限定で搭載された機能で、iPhoneが完全に充電が終わるまで消費電力量を抑えることができます。

84a96463.jpg

低電力モードを有効にする方法

設定アプリ内のバッテリーより、低電力モードをオンにすることによって、機能が有効になります。
a6c73b00.jpg
低電力モードをオンにすると、ステータスバーのバッテリーアイコンが黄色になります。

低電力モードによる機能制限

低電力モードでは以下の機能が制限されるか、オフになります。
・メールの取得
・Hey Siri
・App のバックグラウンド更新
・自動ダウンロード
・一部のビジュアルエフェクト
・自動ロック
・iCloud フォトライブラリ

低電力モードを促す通知

224e3264.jpg
バッテリー残量が20%になるとダイアログが自動的に表示されるので、そこから低電力モードにする事も出来ます。
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)