インターネットが普及した事によって在宅勤務という働き方が増えている

インターネットが普及した事によって在宅勤務という働き方が増えているということで説明します。

自宅で仕事

パソコンやインターネットがある事によって、会社に行かなくても自宅で仕事が出来るようになりました。

それはなぜかと言うと、自宅で簡単に会社のサーバーに接続ができ、会社と連絡が取れるようになったからです。

この在宅勤務は、会社側や社員側の両方に利点があります。

利点

自宅で仕事をするということは、通勤する必要はないので、その分の時間を他の事に使うことができます。

しかも、会社も交通費を社員に支払う必要もないので、お金も節約できます。

社員全員が働けるようなオフィスも必要ないので、会社の経営者の自宅を事務所とする事によって家賃も節約できます。

それに、自宅だと会社と違って周りに気を使う必要もないので、お互いにストレスを感じずに効率良く仕事が出来ると言われています。

この様な在宅勤務の利点というのはありますが、欠点ももちろんあります。

欠点

それは、自宅では会社の様な勤務時間、休み時間というのがないので、時間の使い方をきちんと決められる自己管理が必要になります。

その為、自己管理が苦手な人にとっては在宅勤務は難しいかもしれません。

そして、一番心配になってくることは、自宅で仕事をやっている時に会社の重要な情報が流出しないかということです。

通常、会社のパソコンや書類は家に持ち帰る事は出来ませんが、在宅勤務の場合それらは全て家にあります。

会社によってはセキュリティによって24時間警備しているところもありますが、自宅にはそれがないところが多く、空き巣被害にあった場合に会社の情報が流出する危険性が高くなります。

そういった利点や欠点あり、まだ残された課題というのも多いですね。

まとめ

在宅勤務が増えることによって会社内のいじめ、迷惑行為、人間関係のトラブルは非常に少なくなると考えています。

1日も早く、会社で働くか、それとも自宅で働くかを自由に選択できる日が来ると良いですね。