スポンサー1

携帯電話の普及によりいろいろな問題が起きている

シェアする

スポンサー2

携帯電話の普及によりいろいろな問題が起きている事について説明します。

はじめに

現代では小学生でも携帯電話を持つ時代になりました。

つまり、急激に携帯電話が普及し始めて、小さな子供から高齢者まで、様々な人が持つ時代になったという事です。

それにともなって、今回はいくつかの問題点を以下の様にまとめました。

①着信音

携帯電話をマナーモードにしたり、電源を切らなかった事によって、公共の場で着信音などが鳴ってしまうという可能性があります。

鳴ってしまった場合、場所にもよりますが、他人に迷惑をかけてしまいます。

もし、公共の場にいる際はマナーモードなどにして、音が鳴らない状態にしましょう。

②声の大きさ

携帯電話での通話の際は、声が大きくなってしまう人がいるのですが、声を大きくする必要はありません。

ここ最近のマイクは感度が良く、小さい声でもちゃんと聞こえます。

特に公共の場では話し声が聞こえてしまうと他人に迷惑をかけてしまうので、なるべく小さな声であったり、できるだけ静かに話せるように気をつけましょう。

③話す内容

公共の場で個人情報といった他人に知られてはいけない情報は話さないようにしてください。

誰に聞かれているかわかりませんし、大切な情報が他人に知られてしまう可能性があります。

④感情

公共の場で感情が入りすぎた会話を通話で話さないでください。

怒っていたり、悲しんでたりするところを見たり聞いたりすると、他人は困惑してしまいます。

まとめ

今回はこの4つの問題点を紹介しました。

このまとめとしましては、公共の場での携帯電話のエチケットを守ろうということです。

メールをしたり、webを見たりするだけでは他人に迷惑はかけないと思いますが、通話となってくると周りにいろいろな配慮が必要になります。

なので、通話をする際は他人から離れて、静かに話したりして、なるべく周りの人に何を話しているのかわからないぐらいの大きさで声を出せる様にしてください。

また、他人に知られたくない事は公共の場で話さない様にする事をおすすめします。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)