携帯電話の電波による医療機器の影響の常識が変わる

63106688.jpg

携帯電話の電波による医療機器の影響の常識が変わるということでご説明します。

電源オフ

病院内では医療機器に影響を及ぼす可能性がある為、電源を切る。
バスや電車などでも、ペースメーカー等に悪影響が及ぼす可能性がある為、車内、もしくは優先席付近は電源を切るというのが常識でした。
しかし、その常識は大幅に変わり、医療機器の電磁的耐性の向上で、影響を及ぼす可能性は低い総務省が発表しました。
ペースメーカー等に悪影響を及ぼすといった昔の常識が作り出されたのは1990年代の頃です。
その当時の携帯電話は2G回線だったので、医療機器の影響を及ぼす可能性がありました。
しかし、現代の日本では2G回線は廃止され、技術の発展と3G回線やLTE回線が普及し、電波による影響はかなり低くなったという事です。
その為、病院内でも、手術室や集中治療室などの精密医療機器がある部屋は除くロビーや待合室、病室などのほとんどの場所で携帯電話の使用が可能になり、電源を切る必要もなくなりました。

バスや電車

それに加えて、バスや電車でペースメーカーの影響を理由に携帯電話の使用を禁止している公共交通機関でも規制が緩和され、携帯電話の使用が可能になりました。
宮崎交通路線バスでも以前は車内での携帯電話の使用は禁止されていましたが、現在は可能になり、通話のみ禁止されています。
1e2a8473.jpg
宮崎交通ホームページ、車内ポスターには携帯電話での通話はお控えください。ということで案内はされています。
ペースメーカーの場合は、携帯電話と15cmぐらい距離を離しておけば問題は無く、影響が起こるのは3cm以内になった時です。
携帯電話の電波による医療機器の影響の常識が大幅に変わり、混乱する方がいらっしゃるかと思いますが、技術の進歩は素晴らしいですね。
現在でも一部のバスには、車内での携帯電話の使用はお控えください。という古いポスターが貼られていたり、一部の運転手は携帯電話の使用はお控えくださいというアナウンスを流す方がいました。
ですが、これは時代遅れのアナウンスであり、携帯電話自体の使用は特に問題なく、通話をしているなど、周りの人にご迷惑をかけている時のみ注意するべきだと思っております。

まとめ

この新しい常識を1日でも早く広め、もちろん必要最低限のマナーは守らないといけませんが、多くの場所で携帯電話が自由に使えるようになって欲しいですね。
以上です。