スポンサー1

iOS11.2からiOS11.3.1に対応した脱獄実行用アプリがリリース

シェアする

スポンサー2

iOS11.2からiOS11.3.1に対応した脱獄実行用アプリがリリースしました。

対応デバイス

iOS11.2からiOS11.3.1を動作している64bitデバイスの全てのiPhone iPod touch、iPad。

ダウンロード

https://coolstar.org/electra/

上記リンクより以下の2つのファイルをダウンロードしてください。

1.Electra.ipa

2.Cydia impactor

IPAの種類

  • Dev Account (有料アカウント) : multipath tcp exploitを使用します。
  • Not Dev Account* (無料アカウント) : vfs exploitを使用します。

*Apple Developer Programに登録していない方は、Not Dev Accountの方のIPAをダウンロードして使用してください。

重要な情報

  • iOS 11.3-11.3.1では、デバイスは2回再起動され、最初の再起動後にElectraを再実行する必要があります
  • /APFSスナップショットが作成されるため、必要に応じて後で元に戻すことができます。
  • 最良のインストールを保証するためにElectraを実行する前にブロブがある場合は、将来的には復元することをお勧めします。
  • Cydiaが含まれています。
  • OpenSSHはポート22で動作しています。
  • Electra repoがデフォルトで追加されました。
  • Electra repoから入手可能な代替、調整ローダーと基板の互換性レイヤー。
  • 多くのパッケージはElectraとiOS 11の両方でアップデートする必要があります。(インストール前に更新されていることを確認してください)
  • iOS 11での使用にはRocketBootstrap 1.0.6以上が必要です。
  • 多くのアプリケーション、起動デーモン、およびインストールバイナリは、エンタイトルメントを追加する必要があるため、壊れています。

免責事項

Electraは、iOS 11.0 – 11.3.1の無料脱獄ツールです。

Electraを実行する前に、将来的に復元することをお勧めします。

Electra自体は安全であるべきですが、脱獄後に読み込んだ調整や実行ファイルによってiOSインストールに生じ得るいかなる損害についても責任を負いません。

重要

Electroを使用する前に、11.4 OTAアップデートを削除し、tvOSプロファイルをインストールして再起動してください!

制限事項

  1. Apple ID はデバイスの限られた数の証明書にのみ適用できます。

  2. Not Dev Account用IPAの場合、証明書の有効期限は7日間で、証明書取得期限切れの場合は、再度脱獄 IPA をインストールするガイドに従う必要があります。

脱獄方法

  1. Cydia impactorファイルを解凍し、それを実行します。

  2. iOS デバイスをコンピューターに接続し、iOS デバイスにコンピューターを信頼します。

  3. Cydia impactorにダウンロードしたSpring.ipaをドラッグします。

4. 続行する場合は [ok] ボタンをクリックします。

5. Apple IDのメールアドレスを入力します。

6. Apple ID のパスワードを入力します。

  1. Cydia Impactorは自動的にすべてのあなたの入力に基づいて準備し、IPA ファイルに署名しますが、エラーが通知された場合は、間違ったApple ID またはパスワードを入力しています。

8.IPAをインストール後、iOSデバイス上で、「設定」 > 「一般」 > 「デバイス管理」に進み、証明書を信頼します。

9.ホーム画面に追加されたElectraを起動し、Jailbreakボタンを押してください。

10.Restartingと表示され、再起動されたら成功です。

11.再起動後、もう一度Electraを起動し、Jailbreakボタンを押してください。

12.ホーム画面にCydiaが追加され、起動出来れば成功です。

再起動後の作業

再起動した場合、脱獄アプリは全て機能しなくなる為、以下の作業が必要になります。

1.ホーム画面のElectraを起動し、Enable Jailbreakのボタンを押してください。

2.脱獄アプリが動作すれば成功です。

クレジット

  • CoolStarパッケージ
  • Ian Beerによる搾取
  • xerubによるキャッシュインジェクションとrootfsパッチのトラスト
  • Siguzaによるゾーンマップアドレスフィックスアップ
  • CoolStarによって発見されたRootfs再マウント攻撃は、pwn20wndによって実装されました
  • jailbreakd、launchdパッチ、setuidパッチ、dylibインジェクション、CoolStarのセーフモード
  • アンフィッドパッチとその時代までの資格注入
  • unlocknvram、初期dropbear作業、stek29による代替コンパイル修正
  • stek29とcoolstarによるサンドボックス軽減
  • PsychoTeaによるMIGプロトコル実装
  • pwn20wndによるさまざまなクリーンアップとテスト
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)