スポンサー1

iOS11.3.1の脱獄に使用可能な脆弱性が公開され、Electraが対応予定

シェアする

スポンサー2

iOS11.3.1の脱獄に使用可能な脆弱性が公開され、Electraが対応予定ということで紹介します。

Ian Beerによる報告

iOSカーネルのセキュリティ研究をブートストラップすることに興味がある場合は、iOS 11.3.1でリサーチ専用のデバイスをさらにtfp0に保ちます。

おそらく来週リリース。

ああ、iOS11.1.2 KDP互換のカーネルデバッガは間もなく登場です!

Electraの開発者であるCoolStarによる報告

iOS11.3.1のブロブを保存し、すでに脱獄している場合はiOS11.1.2にとどまります。

iOS11.3.1のデバイス互換性と脱獄機能は現時点では未知であるため、まだアップグレードすることは推奨されていません

ElectraはiOS11.3.1をすぐにサポートするように更新されるかもしれない

ただし、チャンスはゼロではないが、KPPバイパスを必要とするため、デバイスをA9までしかサポートしないかもしれない。

私はiPhone 6Sより新しいデバイスには本当に関心がないので、KPPで保護されているものにパッチを適用する必要がある場合は、KPPバイパスを使用し、iPhone 7以降を気にする必要はありません。

Electraを使って11.3.1でA10以上をサポートすることは可能かもしれませんが、私はA10以上のデバイスを持っていません

テスト用のデバイスを手に入れることができたらいいですが。。。

iOS11.3.1で脱獄をしたい場合の説明

iOS 11.0 – 11.1.2のユーザーは11.3.1ブロブを確実に保存します

iOS 11.0 – 11.1.2は悪名高いバグだった。

あなたの既存の脱獄を維持するが、脱獄の可能性があるときにアップグレードする準備ができている

可能な限りA10 / A11のサポートを提供します。 私たちはrootfs rwを手に入れ、既存の機能をすべて備えているはずです。

しかし、そうでなければ、あなたはまだroot shellとSpringBoardの調整を受けるでしょう。

OTAでiOS11.2 / 11.3.xに更新した人は誰でも、iOS11.3.1に復元して安全であることを確認してください

OTAのアップデートがrootfs rwを混乱させる可能性があるかどうかはまだ分かりません

OTAアップデート=電話機自体の設定アプリからアップデート。

iTunes、idevicerestore、futurerestoreを使用して11.3.1に移動してください

Electra公式サイトにて寄付を促している

寄付ポータル https://coolstar.org/electra/

近日公開予定:Electro for iOS 11.3.1

ElectraはiOS 11.3.1のためにすぐに来ている!

iOS 11.0-11.1.2以外のすべてのユーザーは、iOS11.3.1にアップグレードすることをお勧めします。

A10とA11のサポートに必要なテストデバイス!

まとめ

iOS11.3.1で脱獄をしたい方はすぐにアップデートをして、iOS11.0から11.1.2など、脱獄済みのデバイスの場合は、現在の環境を維持してください。

また、iOS11.3.1のSHSHの保存もお勧めします。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)