Meridian脱獄向けにSaurikがCydiaパッケージのアップデートを行った

Meridian脱獄向けにSaurikがCydiaパッケージのアップデートを行いました。

長い長い眠りから覚めたように、突然現れて、Meridian脱獄環境下で発生する問題の修正を行いました。

アップデートパッケージ

・APT 0.7 Strict
バージョン:0.7.25.3-9
Debianの高度なパッケージングツール

・APT 0.7 Strict (lib)
バージョン:0.7.25.3-16
Debianの高度なパッケージングツール

・unzip
バージョン:5.52-6
zip形式のファイルを非圧縮します。

・zip
バージョン:2.32-6
標準のWindows圧縮ツール

アップデート内容

Saurikはzipとunzipパッケージのアップデートをプッシュしています。

私はTweakLoader 1.0-1をプッシュしました。

これらのアップデートは、正しくインストールされていないanemoneとext3nderの問題を修正します。

これらのアップデートをできるだけ早くインストールしてください。

この問題を解決するための@saurikに感謝します。

zip、unzip、およびapt-getは、動作中のデバイスに影響を与えたようなページアラインメントに関する問題を修正しました。<= 10.3.2

発生する問題

@iBSparkes @saurik

インストールするが、起動時にクラッシュする。

020aと017。

クラッシュレポートを生成するだろうが、CrashReporterはそれをキャッチできない

@MilesKleiber @ saurik

Ext3nderはまだいくつかのデバイスで問題を抱えているようです。

原因が何であるかは完全にはわかりません(私の5Sではうまく動作しますが、私のip7ではうまく動作しません)

今後の予定

ああ、私は言うことを忘れていましたが、最新のTweakLoaderは、uicacheを最初に実行せずにホーム画面に表示されないuicacheの問題を修正する必要があります。

これは一時的なパッチですが、後で代替アップデートで正しく修正されます。

今後の期待

iOS10や11の脱獄ツール開発過程において、Saurikは風邪やインフルエンザ等の病気で仕事ができないということで、その当時は休んでいたわけですが、そのまま突然消息が不明になったかのように消えてしまいました。

その為、ElectraチームがSaurikがやるべき仕事を受け継ぐ形でiOS11の環境でも動作するように、Saurikのパッケージのアップデートを行いました。

ElectraやMeridian脱獄ではKPPlessというものが使われており、Saurikによるアップデートが必要でしたが、それをしてくれる事はなく、Saurikがアップデートをしてくれると信じし続けた脱獄ツールの開発者や脱獄ユーザーは振り回されました。

特にiOS10の場合、A7からA9デバイスには対応できるが、A10デバイスには対応させる事ができないKPP Bypassというものを使用したg0blin、double h3lixを別の開発者がリリースしました。

その一方で、多くのユーザーが望んでいた全ての64bitデバイスに対応させる事ができるKPPlessが採用され、安定性も非常に高く、Saurikのアップデートを待っていたMeridianの開発は進まず、使えない状態が長く続いていました。

そして、長い月日が流れ、数日前にCydiaが動作するMeridianが正式リリースしたわけですが、やはり、Saurik本人からCydia関連のアップデートを全てやって欲しかったですね。

また今回、突然現れたSaurikですが、このまま再び消え去ってしまうのか、これからも脱獄環境を支えてくれるのか、現時点では分からないとことろです。

ですが、何かしらの形で関わって欲しいと思いますし、今後も脱獄インストーラーはCydiaであって欲しいと言う気持ちでいっぱいです。

Saurikが今までしてくれた事はたくさんありますが、iOS11以降の脱獄アプリ購入システムの解放や、Cydiaの管理など、今後も今まで通り続けて欲しいなと思います。