Twitter User Streams APIの廃止に伴って、サードパーティ製Twitterアプリの悪影響の詳細

Twitter User Streams APIの廃止に伴って、サードパーティ製Twitterアプリの悪影響の詳細が明らかになりました。

サードパーティ製Twitterアプリの各開発者から報告がされています。

Tweetbot 4 for Twitter

・アップデート内容 2018年8月16日 (バージョン4.9)

On August 16th Twitter will disable parts of their public interface that we use in Tweetbot. Because Twitter has chosen not to provide alternatives to these interfaces we have been forced to disable or degrade certain features. We’re sorry about this, but unfortunately this is totally out of our control.

– Timeline streaming on WiFi is now disabled. Your timelines will now refresh automatically every 1-2 minutes instead.
– Push notifications for Mentions and Direct Messages will now be delayed by a few minutes.
– Push notifications for Likes, Retweets, Follows and Quotes have been disabled. We’ll be investigating bring some of these back in the future.
– Activity and Stats tabs have been removed.
– Watch app, which depended heavily on Activity data, has been removed.

8月16日、Twitterは私たちがTweetbotで使用するパブリックインターフェイスの一部を無効にします。 Twitterはこれらのインターフェースに代わるものを提供しないことを選択したため、特定の機能を無効にしたり、機能を低下させたりしています。 これについては申し訳ありませんが、残念ながらこれは完全にコントロールできません。

– WiFiでのタイムラインストリーミングが無効になりました。 タイムラインは、代わりに1〜2分ごとに自動的に更新されます。
– メンテンスやダイレクトメッセージのプッシュ通知は、数分遅れます。
– お気に入り、リツイート、フォロー、および引用のプッシュ通知が無効になっています。 私たちは、これらのいくつかを将来的に持ち出すことを調査していきます。
– [アクティビティ]タブと[統計]タブは削除されました。
– アクティビティデータに大きく依存するWatchアプリが削除されました。

TheWorld for iOS

feather for Twitter

・アップデート内容 (バージョン3.11.1)

今回のアップデートではTwitterが8/16にUser Stream APIを削除するのに伴い関連する機能を削除しました。

User Streamを利用する以下の機能がご利用できなくなります。

-タイムラインのリアルタイム更新(Home Timelineの更新可能回数は15分間に15回だけになります)

-簡易通知

-いいね、RT、DMのリアルタイム通知

-ストリーミング中は画面をロックしない機能

-常に最新のツイートにスクロールする機能

皆様にはご不便をおかけしますが、これらの変更はTwitter社が行っており我々ではどうすることもできません。

何卒ご了承下さい。

##その他

-Black、Dreamテーマを追加しました

UserStream 廃止スケジュール

Account Activity APIの特徴

リアルタイムに取得できる機能の中に、タイムラインの記載がありません。

なので、User Streams APIとは異なり、タイムラインの取得はできない仕様になっています。

Twitter上でより良い顧客エンゲージメント体験のための新機能

Twitter社に物申す

公式Twitterアプリとは比べ物にならないぐらいに便利で、使いやすいサードパーティ製Twitterアプリの機能を廃止に追い込むだけではなく、各開発者の努力や、それを利用する多くのユーザーの利便性を低めるといっても間違いではない極めて悪質なUser Streams APIの廃止を強行して行いました。

それにより、公式Twitterを使用をしなければならないという事態に追い込まれた方もいらっしゃるでしょう。

そこで、Twitter社の経営陣の方によく考えて欲しい事があるもですが、公式アプリと違ってサードパーティ製アプリというのは、いろいろな制限がかけられていています。

なおかつ、投票機能やブックマーク機能など、Twitterの一部の機能を使用することが出来ない為、公式アプリとは違って本来の機能を発揮することが出来ません。

ですが、その制限の中で、公式アプリ以上の物をサードパーティ製アプリの開発者は生み出しています。

公式Twitterアプリの場合は、要らないオススメツイートを表示させたり、タイムラインは時系列に並ばない、他の人のいいねを勝手にタイムラインで表示させるなど、本当に無駄なものを含めてくるので、はっきり言って邪魔ですよね。

そんな事ばかりを毎日の様に繰り返して、本当にTwitterが大好きな人に対して失礼じゃないのでしょうか。

確かに、サードパーティ製アプリには広告が表示され無い為、Twitter社には収入が入りません。

なので、Account Activity APIに完全移行し、有料化するというのは理解できる部分ではありますが、それ以前にやるべきことというのはたくさんあるはずです。

サードパーティ製アプリに負けないぐらい使いやすい公式アプリを提供するというのももちろんですが、人気のサードパーティ製アプリとの連携をした形で、APIに制限をかけなくても運営には支障が出ないようにするといった工夫というのも出来たのではないかなという事を個人的には考えています。

公式アプリには、必要最低限の機能しか無いわけですから、自分好みにカスタマイズしたりしてTwitterを利用するには、サードパーティ製アプリを使用するしか無いのです。

Twitterは1つの会社なので、収入が無ければ経営が成り立たないので、広告を表示させるのは理解できますし、そんなに邪魔でなければ表示してもいいと思っているので、APIの機能を制限したりして利便性を低くすることはして欲しくなかったと思います。

今回は改悪でしたが、次回は改善することを期待しています。

公式Twitterアプリがもっとシンプルに、使いやすく、サードパーティ製アプリも堂々と機能制限もされずにアプリが提供できる環境が整ってくれると良いのですがね。

最後に一言。

最近は本当にTwitter社は余計なことしかしませんね。

リアルタイムに受信出来なくなったプッシュ通知だけでも、リアルタイムに受信出来るようになると、かなり印象は変わると思います。