アカウントに登録してあるIDやメールアドレス、パスワードを確認しよう

アカウントに登録してあるIDやメールアドレス、パスワードを確認しようということで説明します。

ローソンIDサイトで不正アクセス

悪意ある第三者によって他のサイトから不正取得したメールアドレスとパスワードを流用し、別の複数サイトでログインを試みるという、不正アクセス事例が多発しました。

ローソンIDサイトにおいても、先日来主に海外のIPアドレスから同様の手法にて断続的に不正ログインが試みられているということでLAWSONホームページにて案内がされています。

今後も引き続きこのような不正アクセスが発生する可能性があることから、2018年9月10日月月曜日14時をもってローソンID会員全員のパスワードをリセットした為、次回のログインの際はパスワードの再設定をする必要があるそうです。

パスワードを再設定される際には、他サイトで利用されているパスワードとは異なるパスワードを設定下さいと、注意されていることから、同じメールアドレスとパスワードを使用する事が本当に危険ということが明らかとなりました。

リンク:https://www.lawson.co.jp/info/20180910_mai.html

今後の対策

複数のサイトで同じメールアドレスやパスワードを使用することは大変危険だということは分かりましたが、今回の事例からすると、他のサイトから不正取得したメールアドレスとパスワードを流用し、別の複数サイトでログインを試みるというものです。

今後も不正アクセスの危険性は避けられないものだと思いますので、最も重要で大切なアカウントのパスワードは優先的に変更することはもちろんですが、それ以外にもやるべき事があります。

要らないサイトに会員登録しない

同じメールアドレスやパスワードを使い回す多くの原因として、たくさんのサイトに会員登録をして、パスワードを覚えられない、何のサイトに何のメールアドレスやパスワードを設定したのか分からなくなるなどといった理由が多いです。

パスワード管理アプリなどはありますが、ログインする際にパスワードなどの情報を探すのはめんどくさいですよね。

なので、必要最低限のサイトのみ会員登録をして、必要と感じない、今回だけ使うといったサイトの場合は、別のメールアドレスやパスワードを使ったり、最初からアカウントは作らないといったことに心がける事が重要だと思います。

結果的にアカウントをたくさん作ると、アカウントを作った事自体忘れてしまうこともありますからね。

そういったことは今後注意した方がいいでしょう。

使用していないアカウントは削除しよう

近年、インターネットや会員登録のサイトは増え続け、よくわからないサイトなど、色々なサイトに会員登録してしまうことも多くなっているでしょう。

この際ですから、必要ないアカウントは早急に削除し、整理した方が良いです。

アカウントを削除したからといって不正アクセスがなくなるということはありません。

しかし、もし同じものを使いまわしていた場合、登録をしているサイトがハッキング被害などを受けてメールアドレスやパスワードが流出してしまった場合でも、アカウントを削除したりしていれば、被害を受ける可能性を減らせるのでは無いかなと思っています。

複数のサイトで同じメールアドレスやパスワードを使い回すのは良くありませんが、そういったことも考えると、使い回しをしていてほとんど使用していないアカウントは削除し、気づかないうちに個人情報が流出しないように対策はした方がいいです。

もちろん、残したアカウントのパスワードは早急に変更しましょう。

なるべく使いまわさない方が安心です。